adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2007年カリフォルニアで行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチ

王者アントニオ・マルガリートvs.ポール・ウィリアムスの一戦です!!

熱戦のシャットアウト…ポール・ウィリアムスvs.石田順裕

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はマルガリートの8度目の防衛戦。ウェルター級としてはあり得ないほどの力強さと打たれ強さを持つマルガリートはメキシコのハードパンチャー。クロッティに苦戦したもののしっかり勝利してますな。

ウィリアムスは身長185センチ、リーチは201センチを誇る無配のフィジカルモンスター。そのリーチからは想像できないほど前に出てきて回転の高いコンビネーションを打ち込んでくる厄介な相手ですな。

そしてこの試合は開始から長いリーチを生かしたウィリアムスがワンツーとジャブを軸にリード!しかしマルガリートは中盤以降プレッシャーを強めてきて激しい打ち合いとなった末に判定はウィリアムス!不満なマルガリートを他所にウィリアムスが無敗のままチャンピオンとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

こーれは危ない。危険やでぇ…マニー・パッキャオvs.アントニオ・マルガリート

試合経過

1ラウンド

ウィリアムスはワンツーをついて長い間合いから打ち込む。

そしてサイドに回ってジャブとワンツーを打ち込む。

マルガリート はガードして間合いを詰めると左右フックを振る。

ウィリアムスはワンツーからのアッパーを打ち込んでくる。

そしてかなり回転が高くてマルガリートが来るとクリンチ。

2ラウンド

ウィリアムスはワンツーを数多く伸ばしてどんどんくる。

マルガリートは前に出てきてボディにパンチを伸ばす。

ウィリアムスは当たらなくても手数を出して間合いを取る。

マルガリートはしっかりとガードして前に来るが射程圏内に入れない。

ウィリアムスはストレートで顔を弾くとマルガリートもすぐに打ち返す!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ウィリアムスは長いワンツーを出してクリンチしてもボディを返す。

マルガリートは組み付くとアッパーをねじ込んでくる。

そして左右ボディを打ち込むがウィリアムスもボディを返す。

マルガリートはしつこく前に出てきて強烈なボディを打ち込む!

そして組みついてのフックを顔面にも返してくる。

波打つプエルトリコのコンビネーションパンチャー ミゲール・コット

4ラウンド

ウィリアムスは出てくるところに打ち下ろしの左を当てる。

そして前に来られるとクリンチしてボディを打ち込む。

さらに手数をどんどん出してきて回転力の高さを見せる。

ウィリアムスはサイドに回り、アリーナからはブーイング。

マルガリートはプレッシャーをかけてウィリアムスを追いかける。

5ラウンド

ウィリアムスはワンツーを打ち込んでジャブを飛ばす。

マルガリートはガードを固めて前に来てボディを打つ。

そして頭を振って前に来てプレッシャーを強めてくる。

ウィリアムスはワンツーを打ち込むが少しずつ間合いが詰まる、

マルガリートは右をねじ込んでガードに当ててくる。

6ラウンド

ウィリアムスはジャブをどんどんついてガードの上に当てる。

マルガリートは右クロスを打ち込んでウィリアムスも即座に打ち返す。

マルガリートは前に来るもののすぐにクリンチされる。

しかし左右フックを振って前に出て少しずつヒット率も高くなる。

ウィリアムスはサイドに回ってうるさくジャブをつく。

ウィリアムスさんワンバウンド…セルヒオ・マルティネスvs.ポール・ウィリアムス

7ラウンド

ウィリアムスはジャブを上下に散らして間合いを取る。

マルガリートはワンツーを伸ばしてきて間合いを詰める。

ウィリアムスはインサイドでもアッパーを返してくる。

マルガリートは前に出てきてワンツーを浅くヒット!

そしてガードの上からの右フックを当ててパワーはやはり高い。

8ラウンド

マルガリートはガードを固めて前に来て右ストレートを打つ。

ウィリアムスは右フックを合わせて、マルガリートもすぐに右を返す。

ウィリアムスはジャブをついて前に来られるとクリンチ。

マルガリートは右フックを打ち込んでガードでも当てる。

打たれ強いマルガリートは打たれても止まらず前に来る。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

マルガリートは右クロスを思いっきり振ってくる。

ウィリアムスは下がってクリンチしてフットワークを使う。

マルガリートは組みついてのボディとアッパーを放つ。

ウィリアムスはワンツーからのアッパーを打ち返す。

しかしマルガリートはアッパーを返して激しい打ち合いとなる!

コットがマルガリートのブルドーザー作戦に屈する! ミゲール・コットvs.アントニオ・マルガリート

10ラウンド

ウィリアムスは入り際にアッパーを狙っている。

マルガリートはワンツーを出してどんどん出てくる。

そして左の打ち終わりに右ストレートを合わせてくる。

ウィリアムスはインサイドでもパンチを打ち返して器用に打つ。

さらにワンツーを打ち返してマルガリート相手にひかない。

11ラウンド

ウィリアムスはジャブをついてワンツーをガードに当てる。

マルガリートはボディとフックを返して振り回してくる。

ウィリアムスはフットワークを使って下がり、かなりの打ち合いになる。

マルガリートは左右フックとアッパーのコンビネーションを出してマルガリートペース!

ウィリアムスは目の上をカットして右を被弾して苦しい。

12ラウンド

マルガリートは右ストレートを出してウィリアムスも左を返す。

マルガリートはプレッシャーをかけてきて組みついてボディ。

ウィリアムスは打ち返してサイドへと回っていく。

マルガリートは右ストレートを打ち込んで前に来る。

そしてアッパーを打ち込んで打たれても止まらない。

判定は115-113が2人、116-112が1人の3-0でウィリアムス!

ちなみに僕は115-113でマルガリートでした!

モズリーのキャリアハイ!! シェーン・モズリーvs.アントニオ・マルガリート

所感

2人ともタフやな…

個人的には前に出続けていたマルガリートを評価したけどヒット率では確かにウィリアムスの方が上だったのは間違い無いな。マルガリートは不満そうでしたけどね。

ウィリアムスはやはり打たれ強い笑。この試合でも足を止めての打ち合いに応じていたしこの人の強さは半端ではない。こんなに線が細いのに。

マルガリートと真正面から撃ちあえるのはまぁいない。ウィリアムスは所々とは言え撃ち合えていたからそのことからもこの人のタフさがよくわかるなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコが生んだ鉄のアゴ…アントニオ・マルガリート

adsense
おすすめの記事