adsense
adsense
pickup

スーパーウェルター級トップコンテンダーで2度目の世界タイトルマッチを狙っているエリクソン・ルビンさん。スーパーウェルター級チャンピオンは目まぐるしく変わっておりますが待つつもりはなく、WBA.IBFチャンピオンのジェイソン・ロサリオに挑戦したいと語っておりますな。

なんじゃこのパンチ!? ジャーメル・チャーロvs.エリクソン・ルビン

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ルビンはかつてWBC王者で当時無敗だったジャーメル・チャーロと対戦して優位の予想とされていたものの初回KO負け。入り込んだところにショートパンチをまともにもらってしまってそのままストップされてしまいましたな。

しかしその後は元IBFチャンピオンでベテランのイシェー・スミスと対戦して3ラウンドKO勝ち。スミスはこれがはじめてのノックアウト負けとなり試合後に引退を表明。しかしベアナックルへの参戦を表明しておりましたな。

ロサリオさんウィリアムスにまさかの圧勝…ジュリアン・ウィリアムスvs.ジェイソン・ロサリオ

"俺はあれらのベルトに翻弄されたくないし待たされたくない。俺がベルトを取ったら全員と対戦してやる。誰にも俺のベルトを渡すつもりはない。俺はいつだってメイウェザールートを通りたくて傷一つなく無敗のままリングを降りたかった。もちろん俺のレコードにはもう負けがあるからもう負けられないよ。ロサリオと対戦したいね。まずロサリオを倒してあいつのベルトを奪ってチャーロとリマッチして全てのベルトを奪い取りたい。チャーロとのリマッチならとても大きな試合になるだろうね。でも俺はロサリオ相手ならアウトボクシングするよ。彼はあまりにもスローだしベタ足だけど甘くみていてはいけないよ。俺はロサリオが勝つと思っていたよ。ウィリアムスならアウトボクシングするなら勝てると思ってたけどね。でもウィリアムスがあのような戦い方をするのおかしな話ではなかった。どのように階級が動いているのかよくわかるよね。俺たちは1夜にして人生を変えるためにトレーニングしてるんだ。ハリソンとの試合もやりたいね。俺たちは2人ともヘイモンにプロモートされてるから試合の実現は簡単だ。俺は誰のことも避けたりしない。俺はみんなと試合をして誰がベストなのか決めたいね。俺は真のコンテンダーだし誰も俺のことを甘く見ることはない。ロサリオのことを甘くみていて起きたことをみんな見たよね。俺は奴らの指名挑戦者になるから俺とは必ず試合をやらなくちゃいけなくなる。俺は我慢強く俺のターンを待ってるんだ。チャーロはビッグパンチャーだけどスキルがない。俺は前回とは違ったマインドセットだし準備もまた変わったものになるよ。"

ルビンは来年あたりには2度目のアタックやろうな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

褐色のツイン爆撃機…ジャーメル・チャーロ!

adsense
おすすめの記事