adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2021年6月26日に行われたWBC世界スーパーウェルター級シルバー王座タイトルマッチ12回戦

王者エリクソン・ルビンvs.ジェイソン・ロサリオの一戦です!

なかなかホットな敗者復活戦…エリクソン・ルビンvs.ジェイソン・ロサリオ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はルビンの初防衛戦。トップコンテンダーのルビンはサウスポーのハードパンチャーでかつてジャーメル・チャーロに挑んで敗退。しかしそれからテレル・ガウシャなどを下して立て直しておりますな。

ロサリオは元WBA.IBFチャンピオンでドミニカのハードパンチャー。敵地となるフィラデルフィアでジュリアン・ウィリアムスをノックアウトしており、昨年ジャーメル・チャーロとの統一戦に敗れてますな。

そしてこの試合はロサリオが前に出てきてルビンがサイドに回ってくる展開に!ルビンは3ラウンドにフックでふらつかせてロサリオも4ラウンドにコンビネーションを決めるなどして激戦となりましたがルビンが6ラウンドに左右ボディでダウンさせると左ストレートを決めてロサリオはまたもダウン!ノックアウトとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

ノリス的な感じやね…エリクソン・ルビンVSテレル・ガウシャ

試合経過

1ラウンド

ルビンは開始からボディにジャブとストレートを打ち込む。

そしてサイドに回ってきてサウスポースタンスに構える。

ロサリオはがっちりとガードを固めて前にのしのしくる。

そしてプレッシャーをかけてくるもののまだ追いつけない。

ルビンは当たらなくてもジャブをボディに伸ばしてガードに当てる。

2ラウンド

ロサリオはプレッシャーを強めてきてどんどん前にくる。

そしてロープに追い込んでくると重いワンツーを打ち込む。

ルビンはディフェンスが良く、パンチをダッキング。

しかしあまり手数を出して来ず、ロサリオはボディ!

ルビンはすぐにサイドに回ってフックをガードに打ち込む。

ドミニカの破壊者!ジェイソン・ロサリオ!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ロサリオはジリジリ出てきてボディを打ち込んでくる。

ルビンは左フックをガードに返してきて右フックを打ち下ろす。

そしてサイドに回ってスピードはより速く、かき回す。

さらにワンツーをガードの上から当ててきてロープに吹き飛ばす!

ロサリオはよく耐えているがディフェンスが脆い。

4ラウンド

ルビンは下がってジャブをコツコツついてサイドへ。

そしてワンツーの左をガードへと当ててボディを打ち込む。

ロサリオは耐えて前に来るとジャブをついて飛び込む。

そしてプレッシャーをかけてきてワンツーからのボディを打ち込む。

ロサリオは左右ボディを打ち込んできてやはりパンチはある。

さらにフックからのアッパーで今度はルビンがふらつく!

ジャブでボディKOかよ…ジャーメル・チャーロvs.ジェイソン・ロサリオ

5ラウンド

ロサリオはジリジリ出てきてジャブをついてくる。

そして右を狙ってくるがルビンは左クロスを返す。

そしてジャブをコツンと当ててきてよりテクニックは勝る。

ルビンは出てきたところにジャブをコツコツ当てる。

ロサリオはロープに追い込んで頭をつけるとボディを打つ。

6ラウンド

ルビンはサイドに回って左フックをガードに当てる。

さらにワンツーをガードに当ててきて左右ボディを打ち込むとロサリオはたまらずダウン!

よく立ってきたがルビンは追い詰めてワンツーをガードに当ててロープに詰めて左ストレートをコネクトするとロサリオはダウン!そのまま10カウントとなりました!

なんじゃこのパンチ!? ジャーメル・チャーロvs.エリクソン・ルビン

所感

ホットホット…

なかなかすごい試合でしたね。ルビンが勝つんじゃないかなと思ってたけど実は割と難しい試合になるかもなとか思っててフラついた時はやばいと思ったね。

しかし最後はよくぞ仕留めたし、ロサリオはやはりまともにパンチ受けすぎだな。スタイル的に仕方ないけどこのスタイルなら耐久力が要求されるからね。

ルビンはチャーロとカスターノの試合の勝者とやれそうだね。ここ最近の活躍は素晴らしいものがあるし、世界タイトルマッチをやる価値があると思います。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

オーランドの金槌!エリクソン・ルビン!

adsense
おすすめの記事