adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1998年にアメリカで行われたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ

王者レノックス・ルイスvs.ゼルジコ・マブロビックの一戦です!!

あまり集中が続かないルイスさん…レノックス・ルイスvs.トニー・タッカー

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はルイスの4度目の防衛戦。2度目の王座となったオリンピック金メダリストはシャノン・ブリッグスとの激闘を制しております。マッコールとのリマッチも泣かせて勝ってきておりますな。

マブロビックはクロアチアのコンテンダー。ヨーロッパチャンピオンとして有名なハードパンチャーでここまで無敗。ヨーロッパタイトルを6度も防衛してきており、今回が初めての世界挑戦となりましたな。

そしてこの試合はルイスが開始からタイミングの良いジャブでマブロビックの顔を弾く展開に!マブロビックは前に出てワンツーを出して効かせる場面も作ったもののルイスが入り際に合わせるアッパーやボディでペースを渡さず大差判定勝ち!マブロビックは試合後に引退しましたな。

それではこの試合を振り返ります!

タイソンさん力は残っておらず…レノックス・ルイスvs.マイク・タイソン

試合経過

1ラウンド

ルイスはジャブを伸ばしてマブロビックはパリングではたき落とす。

そしてマブロビックは前に出てきてオープンなフックを振ってくる。

ルイスは長いジャブで顔を弾いてかなり落ち着いている。

そして動きだしにジャブを当てて右ボディ、打ち終わりにワンツーを返す。

2ラウンド

ルイスはジャブをトリプルから右ボディをストレートで当てる。

マブロビックは右ストレートを放り込んでルイスはジャブにフックを合わせる。

マブロビックは右目上をカットしており、ルイスはワンツーを打ち込む。

2人はもみ合いの中でもフックをねじ込んで少し空気が悪い。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

ルイスは押し出すようにジャブを出して力みがまるでない。

マブロビックはジャブをかわせないが右ストレートを踏み込んで当てる。

ルイスは露骨に右目を狙ってジャブを当てて落ち着いている。

ルイスはジャブで顔をのけぞらせて間合いを取り、安定している。

オセアニアのヘビー級戦士!ジョセフ・パーカー!

4ラウンド

ルイスは右ストレートで下がらせてワンツーでアグレッシブに来る。

さらに入り際に右アッパーを合わせてマブロビックは顔が仰け反る。

マブロビックはワンツーを出すがルイスはクリンチで絡めとる。

しかしマブロビックは踏み込んで左右フックをアグレッシブに出してくる。

5ラウンド

ルイスはジャブを顔面に当ててワンツーで踏み込む。

マブロビックもワンツーで踏み込むがクリンチされる。

ルイスは入り際に右アッパーを綺麗に当てて顔が跳ね上がる!

ルイスは前に出て左右フックを出してくるがマブロビックもボディを返す。

6ラウンド

マブロビックはジャブを飛ばすがルイスはコンビネーションを返す。

さらに左アッパーを当てて左ボディを低めにねじ込む。

ルイスはワンツーから左ボディを当ててアウトプットを増やしてくる。

マブロビックは明らかに手数が減って間合いを取ることが多くなる。

ワンパンマンワイルダーさんの爆発に期待…デオンテイ・ワイルダーvs.タイソン・フューリー2予想

7ラウンド

ルイスはプレッシャーをかけて前に出てくる。

さらに打ち終わりにジャブとアッパーを合わせてこれは綺麗。

マブロビックはジャブを出してきてスピードは割とある。

そしてラウンド残り1分で左フックをルイスに当てて右クロスからのフックでルイスはロープに後退!

アッパーをねじ込んでチャンスを迎えたもののルイスはクリンチしてしのぎ、ワンツーで押し返す!

8ラウンド

ルイスは右クロスを当ててマブロビックは前に来られなくなる。

さらにルイスは左フックからワンツーで顔を跳ね上げる!

マブロビックはワンツーを出すがルイスはアッパーで迎撃。

ルイスは入り際にアッパー狙ってそのままクリンチする。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

ルイスはジャブを伸ばして右打ち下ろしを合わせる。

そして長い右ボディを打ち込んでじりじり前に出る。

マブロビックはロープに下がって左ボディを低めに喰らってルイスに注意。

ルイスはジャブをついてサイドに回ってかなり余裕が見える。

ボウがホリフィールドを返り討ち!え!?リディック・ボウvs.イベンダー・ホリフィールド2

10ラウンド

ルイスは右ストレートから左フックを返して顔を弾く。

さらにジャブを当ててタイミングの良さでマブロビックは少しふらつく。

ルイスはジャブを綺麗に当ててサイドに回って移動。

マブロビックは前に出てこられなくなり、右リードを被弾する。

11ラウンド

マブロビックは劣勢を意識してワンツーを出してくる。

そしてクリンチしてもアッパーをねじ込むが逆にワンツーを被弾する。

ルイスは入り際に左右ボディを打ち込んでマブロビックは体がくの字に曲がる。

さらに右アッパーを大きく振って押し返してワンツーで前に出る。

12ラウンド

マブロビックは前に出てきてワンツーを出してくる。

ルイスはジャブをついてロープに詰まっても左フックを当てて脱出。

中盤には右リードで踏み込んでそのままクリンチ。

マブロビックは声を出しながらワンツーを打ち込んで勝負をかけるがルイスはサウスポーにスイッチするなど余裕。

判定は117-111.117-112.119-109の3-0でルイス!

ちなみに僕は119-109でルイスでした!

ジョシュアさん必ず勝たなければならない試合へ…アンディ・ルイスvs.アンソニー・ジョシュア2予想

所感

ルイス余裕やなぁ…

エキサイティングな試合ではなかったんですけど、王者の貫禄というか、ルイスが最小の動きでマブロビックに何もさせなかった試合になるかな。

ルイスはどうしてもパワーパンチャーのイメージがあるけど実際はスマートなジャバー。入り際に合わせるアッパーなどのタイミングの良さが光りますよね。

マブロビックはこの試合をもって引退。ルイスとの試合が引退試合になっており、モヒカンの髪型や試合前にルイスと睨み合う気の強さがありましたね。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ヘビー級の今後を占うスーパーファイト…アンソニー・ジョシュアvs.アンディ・ルイス2の試合を生中継で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

adsense
おすすめの記事