adsense
adsense
pickup

元WBA.IBF世界クルーザー級チャンピオンで長年クルーザー級のトップとして君臨してきていたデニス・レベデフさん。先日地元のロシアにて引退から復帰してきてタビソ・ムチュヌと試合をして判定負けしてしまいましたが、このまま引退することをアナウンスしており、十分だからもう引退試合もしないと語っておりますな。

強打者同士の激闘@ロシア デニス・レベデフvs.ムラト・ガシエフ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

レベデフはロシアのサウスポーのパワーパンチャー。クルーザー級としては体格的に小さかったものの左のパワーパンチは相手を一撃で沈めるほどのパワーがありましたな。ロシアを中心に多くのビッグファイトを行なっており多くの激闘を見せてくれました。

WBSSトーナメントで準優勝することになるムラト・ガシエフとは12ラウンドにわたる激闘を演じて左ボディでダウンさせられて僅差判定負け。これでIBFタイトルを失い、このあとは復帰しましたが世界タイトルマッチをすることなく引退しましたな。

他にも敵地ドイツにてWBOチャンピオンだったマルコ・フックとの試合を行なって僅差判定負けで初黒星。しかしフックの肋骨を折っておりかなり議論を呼んだ試合となりましたよね。この後でレジェンドのロイ・ジョーンズ・ジュニアをノックアウトして、ジェームス・トニーを判定で下して世界タイトルを獲得しましたな。

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

"俺はすでにスポーツ選手としてのキャリアを終えたよ。今そのことをアナウンスしてるんだ。俺には5人の子供がいるしそれはとても大きな責任があることだ。俺は子供たちを育てないといけないし、彼らも俺のことを必要としてる。俺は少しスローダウンしたけどまだエネルギーと強さに溢れている。俺はこの国に他のことで貢献するつもりだし、準備もできてるよ。今俺の引退をアナウンスしたけど黙って消えていくのは少し歯痒かったんだ。これからも試合は見るし、ボクシングは俺の体の一部みたいなものだよ。そして俺のハートは毎日リングに戻るように声をかけてくるよ。俺はその声を押し殺してるんだけどあいつになら勝てるとか今でも思うね。ロシアのボクシング機構は試合を作ろうとサポートしてくれているよ。ムチュヌとの試合はもう十分だと言うことを俺にわからせる試合だったのかもしれないね。もうフィニッシュの時間だよ。自分でトレーニングをしていてあまりうまくいかなくて何となくわかっていたんだ。スパーリングパートナー相手でさえうまく試合できなかった。でも俺にはもう十分だと言い切るだけの何かが必要だったんだ。"

レベデフさんはかなりお疲れやな。もう十分だと思います。お疲れ様でした。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ラトビアのグダグダチャンピオン!マイリス・ブリエディス!

adsense
おすすめの記事