adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2021年1月23日にアメリカで行われたWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

王者アンジェロ・レオvs.ステファン・フルトンの一戦です!

接戦になること請け合いかな…ステファン・フルトンvs.アンヘル・レオ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はレオの初防衛戦。レオはフロイド・メイウェザーに見そめられたコンテンダーでキレのあるパンチを持つチャンピオン。ここまで無敗でフルトンとは昨年試合をやるはずでしたな。

フルトンはIBOチャンピオンでここまで無敗のカウンターパンチャー。レオとの試合は昨年やるはずだったもののコロナに感染してキャンセル。チャンピオンとなったレオに挑むことになりましたな。

そしてこの試合は開始から前に出てくるレオにフルトンがよりシャープなパンチと正確なジャブで迎え撃つ激戦に!ノンストップのアクションファイトとなりましたが、フルトンのより正確なパンチがポイントを集めて無敗のまま王座を獲得しました!

それではこの試合を振り返ります!

パンチキレるね…ステファン・フルトンvs.アイザック・アベラール

試合経過

1ラウンド

フルトンは開始からジャブをついてサイドに回る。

レオはガードを固めて接近するとボディを打ち込む。

そして右を強引に振り抜いて接近してきて顔面にもジャブを返す。

フルトンは右のリードを返してパンチがとても鋭い。

そして出てきたところにジャブをダブルでコネクト、近づかれるとクリンチする。

2ラウンド

レオはボディをしつこく狙ってきてどんどん打ち込んでくる。

そして前に出てくると組みついてきてホールド。

フルトンは撃ち返してきてなかなか白熱の撃ち合い!

レオは前にくるもののホールドされてやりにくそう。

しかしボディをコツコツねじ込んで馬力はより高い。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

フルトンはガードの外から左右フックを打ち込む。

そしてジャブをボディに伸ばしてきてサイドに回る。

レオはプレッシャーをかけてくるがすぐに動かれる。

フルトンは出てきたところに右リードをヒット!レオの左目上から流血。

レオはそれでも止まらず、ボディを打ち込んで体を押し付ける。

日本一の嫌われ者ボクサーだけど実力はピカイチのパンテラ…ルイス・ネリ!!

4ラウンド

レオはジャブをついてきて組みついてボディを繰り返す。

そして頭を振ってきて被弾してもそのままクロスを返す。

フルトンはより的確にジャブと右を返すが押し込まれる。

レオは打ち終わりに強烈な左ボディをヒットさせる!

レオはボディからのアッパーをねじ込んでフルトンは嫌がる。

5ラウンド

レオは被弾しながらも必ず撃ち返してボディを打ち込む。

そして押し込んでくるもののエルボーを注意される。

フルトンはクロスを合わせられてボディを被弾する。

レオはワンツーを打ち込んでロープに押し込む!

フルトンはオープンなところを見つけて当てるもののレオを止められない。

6ラウンド

レオは肩を押し付けてくるがフルトンもボディを返す。

そして腕を絡めてくるがレオはボディを打ち込んでくる。

レオはインサイドでボディを出してきてフックをねじ込む。

フルトンもインサイドでボディを撃ち返して撃ち合いに。

レオは被弾も多いが手数がより多く、すごい試合になる。

フルトンとやっても変わらなかったよね…アンヘロ・レオvs.トラメイン・ウィリアムス

7ラウンド

フルトンは足を止めてきて頭をつけての打ち合いになる。

そしてワンツーからの左右フックのコンビネーションをねじ込む。

さらに間合いをとって動き出しにジャブを狙って顔を弾く!

レオはインサイドでアッパーを返して押し込む。

そして頭をつけてきてホテルをどんどんねじ込む。

8ラウンド

フルトンは出てきたところに左フックで顔を弾く。

しかしレオは突っ込んできてワンツーを出して押し込む。

そしてフックをねじ込んできてボディを打ち込む。

フルトンは頭をつけてきてそのままアッパーをねじ込む。

そしてロープに追い詰めてきてインファイトも強い。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

フルトンはダブルのジャブを当ててすぐに間合いを取る。

しかしレオは強引に間合いを詰めてきてフックを振り回す。

そして左右ボディを打ち込んできて前に来て左ボディを刺す。

フルトンは綺麗にジャブを返すがレオはすぐにボディを返す。

しかしフルトンのジャブがトリプルで決まってとても綺麗!

センスのフルトンうまさが光る…ステファン・フルトンvs.アーノルド・ケーガイ

10ラウンド

レオはボディを返してきてそのまま押し込みにくる。

そしてガードをガッチリと固めて馬力は凄まじい。

フルトンは下がりながらジャブをついてアウトボクシングに切り替える。

そしてインサイドでもフックとボディを打ち込んでくる。

レオはボディを返してきて一撃のパンチはより硬い。

11ラウンド

レオは組みついてきてそのまま押し込みにきている。

フルトンはアッパーを返してきてジャブを打ち込む。

そしてフックを返してガードに当てるがレオは止まらない。

レオはワンツーを振り回してきて振り抜いてくる。

しかしフルトンは前に来られるとクリンチして付き合わない。

12ラウンド

フルトンはサイドに回ってレオはフックをねじ込む。

そして頭をつけるとボディを返してアグレッシブにくる。

フルトンは押し合いでも強く、打ち終わりに右を返す!

レオはロープに詰めると左ボディをコネクトする。

フルトンはホールドしてきてグレートな試合のゴングが鳴る。

判定は119-109が2人、118-110が1人の3-0でフルトン!

ちなみに僕は115-113でフルトンでした!

スター候補になりそうなレオさん…アンヘル・レオvs.セサール・フアレス

所感

グレートや…

今年のスタートとしては最高の試合でしたね。個人的にはもっと採点は接戦だったかなと思いましたがフルトンが勝ったことに関しては同意だな。

レオも全然悪いところはなくて、むしろよくやっていた。でもインサイドでも打ち負けなかったフルトンに軍配が上がったのは仕方ないね。

こうなってくるとスーパーバンタム級がなんか勢いついてきたな。ネリとフィゲロアもなんかやりそうだし、ここはPBCの勢力がすごくなってきたね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メイウェザーも可愛がるチニート!アンジェロ・レオ!

adsense
おすすめの記事