adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2014年ニューヨークで行われたNABFミドル級タイトルマッチ

王者デビッド・レミューvs.ガブリエル・ロサドの一戦です!

レミューたんサンダースにストーカーしたもののフラれる…ビリー・ジョー・サンダースvs.デビッド・レミュー

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はレミューの初防衛戦。左右のフックを武器とするハードパンチャーのレミューは猛ファイター。アルシンとルビノには負けたもののそこから立て直して世界を狙える位置にきましたな。

ロサドはベテランコンテンダーでピーター・キーリン、ゲンナジー・ゴロフキンに挑んだ経験豊富でタフなファイター。ジャーメル・チャーロに判定負けしており、3連敗中ですがネームバリューはありますな。

そしてこの試合はレミューが開始からプレッシャーをかけて3ラウンドにロサドをダウンさせる展開に!ロサドは顔面を大きく腫らせてフラフラとなり10ラウンドに打ち込まれるとドクターがストップを要求!レミューがストップ勝ちとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

ヌジカムさんはやはりAクラスのようだ…デビッド・レミューvs.ハッサン・ヌダム・ヌジカム

試合経過

1ラウンド

ロサドはガードを固めてレミューはジャブをついてくる。

レミューはガードを固めてどんどん出てプレッシャーをかける。

ロサドは右ストレートを返してそれなりにパンチは見えている。

レミューはジャブをついてロープに詰めようとしてくる。

さらに打ち終わりにジャブを当ててロサドはワンツーをガードに当てる。

2ラウンド

レミューはプレッシャーをかけて怖いフックを放つ。

ロサドはワンツーを返して間合いをキープする。

レミューは少し強引に出てきて前に出てくる。

レミューはコーナーに詰めると左右フックとボディを打つ!

ロサドは抵抗するがレミューのパワーを感じている。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

レミューは前に出てきて右アッパーを放ってくる。

そしてジャブをついてロサドは右クロスを返してくる。

レミューは右ボディを打ち込むがこれはローブロー。

そしてレミューは出てくるところに左フックを当てるとロサドはふらつく!

ダウン寸前のロサドは離れ際に左フックをもらってダウン!

ロサドはかなりダメージがあるが左目を庇いながらクリンチする。

エンダムではないカメルーンのウサギフットワーカー!ハッサン・ヌダン・ヌジカム!

4ラウンド

レミューはどんどん前に出てきて左ボディを差し込む。

ロサドはまっすぐ下がるようになり、たちまち余裕がなくなる。

レミューはフックを打ち込んでロープに押し込みにくる。

ロサドは中盤ワンツーからの右アッパーを打ち返してレミューもワンツーで押し返す。

ロサドは両目が腫れているがやはりタフでロープに下がりながら挑発。

5ラウンド

レミューはプレッシャーをかけてガードを固めてくる。

そしてジャブをついてきてどんどん前に出てくる。

ロサドは右目がかなり腫れており、視界が悪くなる。

ロサドは下がりながらジャブを出すがダメージが隠せない。

レミューは右ストレートを打ち込んでガードの上でも当てる。

6ラウンド

レミューは前に出てきて右アッパーを打ち込む。

そしてジャブをついてきて右クロスを狙ってくる。

ロサドは打ち終わりに左フックをもらって苦しい。

レミューは左ボディを打ち込んでこれもかなりパンチが重い。

ロサドは右ストレートを打ち返すが左フックのカウンターを狙われる。

エンダムって誰やねんパート2…ハッサン・ヌダム・ヌジカムvs.村田諒太2

7ラウンド

ロサドの左目は塞がりかけており、ドクターチェックが入る。

ロサドは右ストレートを打ち込んでストレートをガードする。

レミューはガードの上からでも構わず当ててきてフックを打ち込む。

さらにどんどん出てきて右ボディストレートを放つ。

レミューは右フックを振り回してロープに追い込む。

8ラウンド

レミューはガードの上からの右フックを叩き込む!

ロサドはかなりダメージをためてきて顔面が腫れる。

レミューはスイングのようなパンチを出してボディを打つ。

ロサドは右ストレートをガードに返すが押し込まれる。

レミューはボディをつけても止まらずどんどん出てくる。

ここで負けたら終焉やな・・・ゲンナジー・ゴロフキンvs.カミル・スゼレメタ予想

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ロサドはまたドクターチェックを受けており、苦しい。

レミューは右をガードの上にたたき込んで前に出てくる。

さらに右ボディを打ち込んで力任せに出てくる。

レミューはジャブをコツンと当ててロサドは見えてない。

さらに左ボディからの左アッパーを返して着々とダメージを与える。

10ラウンド

レミューはワンツーを打ち込んでロサドはガードの上からふらつく!

レミューはプレッシャーを強めてきて勝負を決めにくる。

ロサドは下がってロープに詰まり、打ち返すものの苦しい。

レフェリーは注視しており、ロサドはなんとかクリンチ。

ロサドはほとんど打ち返せないままパンチを受けて、ドクターがストップを要求!レミューがノックアウト勝ちを収めました!

こーれはスーパーミドル級最強やわ…カラム・スミスvs.ハッサン・ヌダン・ヌジカム 試合後のコメントもあり!

所感

力の差やな…

レミューはディフェンスが良くないのでロサドのパンチもしっかりと当たっていた。しかしロサドがよりダメージを蓄積したのはやはりパワーの差。

ロサドの場合はこれまでに負ってきてる。ダメージもやはりあると思う。目の上のカットなんて何回もやってるし顔面の腫れやすさもありますからね。

ドクターのストップは仕方なかったかなと。レミューはこの後スーパーミドル級でもやっていくわけだし、ロサドはスーパーウェルター級上がりだからな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

モントリオールの熱拳!デビッド・レミュー!

adsense
おすすめの記事