adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2013年に行われたWBA世界スーパーウェルター級暫定王座タイトルマッチ

王者エリスランディ・ララvs.オースティン・トラウトの一戦です!

ソロさん不運やなぁ・・・エリスランディ・ララvs.ミシェル・ソロ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はララの初防衛戦。前回の試合で激闘王のアルフレド・アングロとの激戦を制してタイトルを獲得したララはキューバのアマチュアエリート。サウスポーのカウンターパンチャーとして階級の最強候補ですな。

トラウトは元WBAチャンピオンでニューヨークにてミゲール・コットを下した実績のある元チャンピオン。カネロ・アルバレスとの統一戦には敗れたものの苦戦させておりまたチャンスを掴みましたな。

そしてこの試合はララが開始からより優れたスピードでトラウトの顔を弾く展開に!トラウトは前に出てきてアクションを起こしたものの11ラウンドに左クロスでダウンさせられて判定負け!ララも楽な試合ではなかったですが難敵を退けました!

それではこの試合を振り返ります!

ララさん激闘で王座獲得…エリスランディ・ララvs.アルフレド・アングロ

試合経過

1ラウンド

サウスポーの両者は似たような構えでジャブを付き合う。

ララは踏み込みがかなり速く、トラウトは相討ちのジャブを返す。

ララはハンドスピードがより速く、トラウトはこれを外せない。

ララはワンツーを伸ばして肩にでも当ててくる。

トラウトは前に出てくるがララはリターンをワンツーで放つ。

2ラウンド

トラウトは半身に構えてジャブを放ってくる。

ララは少し前傾姿勢でワンツーを放ち、より回転も高い。

トラウトは踏み込んでの右フックをコネクトしてララの顔を弾く!

ララはトラウトが来ようとするとすぐに間合いを取る。

そして残り1分でワンツーを打ち下ろしてこれはめっちゃ速い。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

トラウトはジャブを放つが的中率が低くなってしまう。

ララはさすがの見切りと動きですぐに離れてしまう。

トラウトはボディからの左を顔面に返すなど工夫してくる。

ララはジャブを同時打ちで当てて入ってくるところに右フックを合わせる。

トラウトはサイドに回るところへの右フックを狙っておりこれは惜しい。

スーパーウェルター級の曲者 オースティン・トラウト ボクシング選手考察

4ラウンド

ララはワンツーを浅く当ててトラウトはかろうじて反応。

そしてジャブからの左打下ろしをタイミングを遅らせてヒットさせる。

トラウトはジャブをついて左をリターンするが当てられない。

だんだんブーイングが飛んでくるとカウンターパンチャー同士の試合のつまらなさが見えてくる…

トラウトはワンツーからの右フックを浅く当てるが追いきれない。

5ラウンド

トラウトはジャブをガードに当てて打ち終わりにも放つ。

そして飛び込んでフリッカーのワンツーを放つが当てられない。

ララは間合いを取ってパンチはガードで防ぐなど目が良い。

そして踏み込んでのワンツーを打ち下ろしてくる。

ディフェンシブなララはガードしてトラウトはボディを狙う。

6ラウンド

トラウトはジャブをボディについて警戒しながらも手を出す。

ララは飛び込んでのワンツーをショートで当ててくる。

そしてジャブを当ててカウンターをちらつかせる。

トラウトはジャブを出してくるが足が追いつけない。

近づくとクリンチされて攻撃を寸断されてしまう。

トラウトさん無念の初黒星… カネロ・アルバレスvs.オースティン・トラウト

7ラウンド

ララはジャブにジャブを合わせてこれもかなりうまい。

トラウトはかなりやりにくそうでなかなか踏み込めない。

ララはこないと見るとワンツーを打ち込んですぐに下がる。

ララは右フックをリードに使ってサイドへと動き回る。

トラウトはボディをターゲットにするがバックステップされる。

8ラウンド

トラウトはジャブを放つもののガードを通り抜けられない。

ララは同時打ちで自分のジャブを当ててスピードの違いを見せる。

トラウトはクリンチになるとボディをねじ込むなど頑張る。

ララは中盤左ストレートを当ててトラウトもコンビネーションを打ち返す。

そしてララはジャブを動き出しに当てて少しずつ上をいく。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

トラウトはプレッシャーをかけ始めるがあまり強くはない。

ララは出てくるところに左クロスを当ててねじ込む。

そしてフットワークを使ってクロスを綺麗に当てる。

トラウトは劣勢を意識してワンツーをボディに強く出してくる。

ララは打ち合わずにフットワークを使ってスルスルと下がる。

ララさんあまりにもイージーに返り咲き…エリスランディ・ララvs.ラモン・アルバレス 試合後のコメントもあり!

10ラウンド

ブーイングがだんだん大きくなるとトラウトは前に来る。

そして左右フックとボディを出してノックアウトを狙ってくる。

ララはカウンターを狙っており鋭いワンツーを放つ。

トラウトは左右ボディを当てて結構頑張っている。

ララはジャブを外してジャブを当てて近づかれるとクリンチする。

11ラウンド

トラウトは前に出てくるがララは徹底して打ち合わない。

そして右フックをトラウトは放つがあっさりガードされる。

トラウトは大きなアッパーを放つなどプレッシャーはかけている。

しかしララはカウンターを返して入り際に右フックを当てる。

そして終盤にはトラウトの入り際に左クロス!!トラウトはダウン!

よく立ったトラウトだが足元はかなり揺れており効いている!

12ラウンド

トラウトはプレッシャーをかけてきてノックアウトを狙う。

ララはフットワークを使って打ち合いを避ける。

そしてサイドに回ってクリンチして時間を稼いでくる。

トラウトはジャブで前に出てララにはブーイングが注がれる。

トラウトは頑張るもののララを捉えられないままゴングが鳴る。

判定は117-110が2人、118-109が1人の3-0でララ!

ちなみに僕は116-111でララでした!

兄弟揃ってサウスポー苦手かよ…ジャーメル・チャーロvs.オースティン・トラウト

所感

マスターやなぁ…

この2人の組み合わせになると同じタイプなので必然的によりスピード、スキルのレベルが高いララが優位になる。そしてそのまんまの試合になったな。

ララは無理に打ち合わないしトラウトも自分から前に出るのは得意じゃない。ディフェンスに優れる者同士の試合で面白くなるわけがないな。

11ラウンドのカウンターは見事。トラウトはかなり効いていたけど持ち前の回復力でなんとか乗り越えましたね。お互いに割としんどい試合だったと思います。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

キューバのカウンターアーティスト!エリスランディ・ララ!!

adsense
おすすめの記事