adsense
adsense
pickup

WBO世界ライトヘビー級チャンピオンで11月3日にカネロ・アルバレスの挑戦を受けることになったセルゲイ・コバレフさん。かつて対戦したアンドレ・ウォードと違ってカネロはリアルなファイターだと話しております。

コバレフに優位な条件などあるのだろうか…?カネロ・アルバレスvs.セルゲイ・コバレフ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

コバレフはかつてアンドレ・ウォードと対戦して2連敗。ウォードの得意な低めのボディブローを打たれたり接近戦で苦戦したりと多くの困難を受けて僅差判定負けとTKO負けを食らっておりますな。

コバレフはカネロとの試合を2ヶ月のスパンで受けることとカネロが得意とするボディブローを弱点とすることから少し厳しそうな気もしますがカネロが体格では圧倒的に劣りスーパーミドル級以上のウェイトでの試合は1回だけなことを考えると分からなくなるな。

"俺にはすでにこのレベルでの経験があるし今回はよりスマートに試合を進めるつもりだよ。多分この試合は俺のここ数試合よりも面白い試合になると思う。カネロはリアルなファイターだよ。アンドレ・ウォードのようなフェイク野郎ではない。この試合は俺にとってビッグファイトだし俺のキャリアで最大の試合になる。カネロはパウンド・フォー・パウンドのベストの1人だし俺もライトヘビー級のベストだ。きっといい試合になるよ。"

まぁいい試合にはなるかもやけどなぁ。

マルケスが鬼の熱戦を制す!!ファン・マヌエル・マルケスvs.ファン・ディアス

続いてスーパーライト級コンテンダーのライアン・マーティンさん。昨年WBSSトーナメントのスーパーライト級部門にて参戦して1回戦でジョシュ・テイラーにフルボッコされてしまいKOされちゃいましたがその試合の後の禁止薬物検査でまさかのドーピング検査陽性。プロモーターから解雇されてましたがこのことを否定しており過去のことについて語っておりますな。

テイラーはマーティンと試合はした後にIBFスーパーライト級王者のイバン・バランチュクと対戦して判定勝ち。決勝へと駒を進めておりIBF王者として決勝にて10月26日にロンドンでテリー・フラナガン、キリル・レリクを破ったWBAスーパーライト級王者でWBCダイヤモンド王者のレジス・プログレイスを迎え撃ちますな。

"フルタイムでボクシングに戻れることはとても楽しいし最高の気分だね。俺に起きていたことはすべてもう過去の出来事だからね。俺なマインドはクリアーだよ。これからは新しいことをやるべき時だし新しいジャーニーが目の前にあるんだ。リングに戻る準備はできている。また太陽が輝き出す時だよ。俺はライト級かスーパーライト級でカムバックすることになると思うね。"

マーティンさんは確かに体格的にライト級でもいけそう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロシアのクラッシャー!セルゲイ・コバレフ!

adsense
おすすめの記事