adsense
adsense
pickup

WBO世界ライトヘビー級チャンピオンのセルゲイ・コバレフさん。11月2日にラスベガスにてカネロ・アルバレスとの試合を控えておりますが試合の間の休みは短い方が好きであることを語っておりますな。

コバレフに優位な条件などあるのだろうか…?カネロ・アルバレスvs.セルゲイ・コバレフ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

コバレフは8月末にロシアにて指名挑戦者のアンソニー・ヤルデを11ラウンドKOで下しており2ヶ月足らずのスパンにて強敵のカネロとのビッグファイトを迎えることになりましたな。なので不安視する声も多くありますがコバレフ的には36歳でも試合間隔は短い方がいいそうです。

"俺の試合間隔がこんなにも短くなっていて嬉しく思ってるよ。試合の間の休みは短い方が好きなんだ。"

さらにトレーナーのブディ・マクガートさんのコメント。

"俺たちに言えるのはコバレフはすでに良いシェイプだったからトレーニングキャンプを長くすることはないことだ。日に日にナイスにイージーになってる。トレーニングキャンプはみんなで信頼し合ってるからとてもグレートだよ。みんなリラックスしてるムードでやれてる。俺たちがやらないとならないことはわかってるしね。俺はコバレフが勝つと心から思ってるから言えるんだけどみんなが思ってるほどハードなことではないよ。俺たちはいつも変わらないからね。"

コバレフさんのスタミナは心配やけどな。

ロシアのクラッシャー!セルゲイ・コバレフ!

続いてミドル級コンテンダーのジェイソン・クイッグリーさん。12月に復帰戦を行う予定があるようでトレーナーもドミニク・イングルから元WBOミドル級王者のアンディ・リーに変更。ビッグネームとの対戦を望んでおりますな。

ミドル級ではWBC.WBA王者にドル箱スターのカネロが君臨。WBO王者に無敗の2階級制覇王者のデメトリアス・アンドラーデがおり元王者のゲンナジー・ゴロフキンも虎視眈眈と返り咲きのチャンスを狙っておりIBFベルトをセルゲイ・デレビヤンチェンコと争ってゴロフキンがダウンを初回に奪って2ラウンドには偶然のバッティングでデレビヤンチェンコが目の上をカットして流血するなどしたもののデレビヤンチェンコは5ラウンドにボディで効かせてコンビネーションを打ち込んで接戦に。ゴロフキンが僅差判定勝ちを収めておりますな。

"俺はより物事に取り組めるようになった。俺はまだゴールデンボーイプロモーションズと共にいるしこのように素晴らしいプロモート会社と共に働けてハッピーだね。2020年には大きな野望があるしタイトルマッチを行いたいね。ミドル級からスーパーミドル級には多くのグレートな選手がいるし対戦したいね。”

この辺りの階級は層が厚いからな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

金色の夢の続きを見せてくれ…村田諒太vs.スティーブン・バトラー予想

adsense
おすすめの記事