adsense
adsense
pickup

昨日ロンドンにて行われていたWBC世界ヘビー級シルバー王座タイトルマッチとヨーロッパ王座決定戦はシルバーチャンピオンのダニエル・デュボアがリオデジャネイロオリンピック銀メダリストでWBAゴールドチャンピオンのジョー・ジョイスの前に10ラウンドTKO負け。デュボアは目の骨を骨折してしまいましたが彼の怪我と2人のキャリアについてプロモーターのフランク・ウォーレンが語っておりますな。

なぜ銀メダリストなのかよくわかったな…ダニエル・デュボアvs.ジョー・ジョイス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

デュボアは予想有利のハードパンチャーだったもののこの試合では開始からジョイスがスキルに勝ってロングのジャブを的確に当ててデュボアをコントロール。デュボアは被弾を重ねてジョイスがリードしていく展開となりましたな。

ジョイスは時折デュボアのハードな右を受けてフラつかされるなどしていたものの大崩れしないタフさも発揮。コツコツと当ててきたジャブでデュボアはみるみるうちに左目を腫らせてしまい、ブレークダウンされてしまいましたな。

結局10ラウンドにジョイスがカウンターのジャブを目に当てるとデュボアは目を気にして自ら膝をついてしまうダウン。そのまま10カウントを聞いており、初黒星となりましたな。ジョイスは無敗のまま世界ランキングで上位に食い込むことになりWBOランキングで2位の座を奪えばオレクサンデル・ウシクとの試合も目に見えてきますね。

デュボイスさんパワーとジャブの精度を証明…ダニエル・デュボイスvs.ネイサン・ゴルマン

"デュボアは目の骨を骨折してしまっていてそれは最後のパンチでもあるし、それまでのダメージの蓄積もあるようだ。彼はフォーカスできなくなって、それはそれだよ。でもとにかく次のラウンドまで乗り切るべきだったね。ジャッジの採点について話すと、デュボアは最後の2ラウンドで1ラウンドしか取れてなかったよ。俺は彼が勝っていたと思っていたけど何も残されてなかったね。これは別にデュボアの世界の終わりではない。彼が負った怪我はひどいものだったけどね。この試合から学べないならもう何も学べないだろうな。彼は前半から捕まってしまったし、どうなるのかは目に見えていたよね。頭の動きがなくてジャブをもらってしまったね。ジョイスの4発か5発の良いパンチを全部もらっていたよ。顎には何も問題はなさそうだけどね。ジョーは35歳だから前に進まないといけない。ジョーはこれから世界タイトルを狙える選手だよ。ダニエルには数試合やらせて、ジョーがその時どこにいるかだね。"

ステージを変えてまた見たいね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

未来を爆破するヘビー級のダイナマイト!ダニエル・デュボア!!

adsense
おすすめの記事