adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年ニューヨークで行われたライト級ノンタイトルマッチ10回戦

ジョージ・カンボサス・ジュニアVSミッキー・ベイの一戦です!

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はカンボサスのステップアップの試合。カンボサスはここまで無敗のカウンターパンチャーでオーストラリアの新鋭。ギリシャ系であり、ギリシャでも試合をしていて人気がありますな。

ベイは元IBFライト級チャンピオン。ミゲール・バスケスを議論をよぶ判定の末に下してタイトルを獲得しており、ランセス・バルテレミーに敗退。2年の時を経て再起して今回は1年ぶりの試合となりますね。

そしてこの試合は開始からベイが間合いをとりタイミングの良いジャブを当てると、カンボサスはカウンターで鋭いパンチを狙ってくる良い試合に!しかしカンボサスが拮抗する中で10ラウンドにアッパーでダウンさせてストップ寸前に追い込み、判定価値を僅差で勝ち取りました!

それではこの試合を振り返ります!

ホームでこれは気の毒…リー・セルビーvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア

試合経過

1ラウンド

カンボサスは海佐からジリジリ出てジャブを打つ。

ベイは下がってスタンスを広く取る独特の構え。

そして下がってジャブをボディへと伸ばしてくる。

カンボサスは出てきたところにショートのフックを打つ。

そしてジャブを打つが射程距離はあまり長くない。

2ラウンド

ベイはジャブをついてきて間合いをキープしてくる。

そしてジャブをコツコツ伸ばしてきてすぐに間合いを取る。

カンボサスは止まっていたところにジャブをもらう!

ベイは下がってワンツーをボディに伸ばしてくる。

そして頭を下げてきてワンツーをガードの上に当てる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

カンボサスはジャブをついてきてワンツーを伸ばしてくる。

そしてジリジリ出てきてフックを返して顔を弾く!

ベイはガードを固めてきてすぐにサイドへと回る。

そしてジャブをついてきて右フックを変則的に打つ。

カンボサスはジャブをついて前に来てホールドされる。

バリーで轟くライトニング!リー・セルビー!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

4ラウンド

ベイはジャブをついてきてすぐにサイドへと回る。

そしてフットワークを使ってきてジャブをコツコツ打つ。

カンボサスはかなりやりにくそうで近づけない。

ベイはジャブを伸ばしてきてすぐに間合いを取る。

そして下がっていき、カンボサスに的を絞らせない。

5ラウンド

ベイはジャブをついてきて前にくるがカンボサスはフックを返す。

しかしベイもワンツーを伸ばしてきてすぐにサイドへ。

そしてジャブをコツンと当ててカンボサスは顔を弾かれる!

ベイはとても上手く、間合いを取りながら前にくる。

そして右を伸ばしてきてすぐにサイドへと回っていく。

6ラウンド

カンボサスは前に出てきてワンツーを振ってくる。

ハンドスピードはカンボサスが速く、ベイはタイミングが良い。

ベイはジャブをついてすぐにサイドへと回っていく。

カンボサスは組みついてきてボディを打ち込む。

そして打ち終わりに左右フックをロングで伸ばす。

ロマチェンコなら楽勝やろ( ̄ー ̄)…ファ!?((((;゚Д゚)))))))ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス

7ラウンド

カンボサスはワンツーを打ち込んできてホールド。

ベイは下がって頭を振ってジャブを打ち込む。

そして返しの左フックを出してひょろ長く飛んでくる。

カンボサスはジャブを浅く当ててプレッシャーをかける。

しかしベイはナイスなジャブを当ててこれもうまい!

8ラウンド

ベイは右クロスを出してきてサイドへと回っていく。

カンボサスはジリジリ出てきてフックを伸ばしてくる。

そしてコンビネーションを出してきてパンチはシャープ。

カンボサスはジャブを伸ばしてきて前に出てくる。

そしてジリジリ出てきてボディを当てて下がる。

ワンパンチしかねぇぞ…ワシル・ロマチェンコvs.中谷正義予想

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ベイはジャブをついてきてすぐにサイドへと回る。

そしてガードを固めてきてジャブを打つがカンボサスは左フックをカウンター。

さらにカンボサスは前に出てきてパワーは上をいく。

ベイはジャブをついてきてすぐにサイドへと回っていく。

カンボサスは前に出てきてプレッシャーをかける。

10ラウンド

ベイはジャブをついてきてカンボサスは右クロスを当てる。

そして前に出てきてベイはフットワークを駆使する。

カンボサスは前に出てくるが間合いが詰まるとホールドされる。

しかし中盤にカンボサスが右アッパーを当てるとベイは手をついてしまうダウン!

カンボサスは右ボディを当ててきてベイはふらついている!

判定は97-92.96-93.94-95の2-1でカンボサス!

ちなみに僕は96-93でカンボサスでした!

待ちのスタンスが機能…ジョージ・カンボサス・ジュニアvs.カミル・バラ

所感

好ファイトやわ…

カンボサスが勝ったことで問題はなかったかなと思います。ただ試合を見てて思うけどやはり自分から攻めるというところには課題ありやな。

全体的に纏まってて崩しにくいけど突き抜けたものはないな。カウンターのタイミングはなかなかなんだけど射程距離はあまり広くないしね。

だからテオフィモ相手だときついかなぁ。まだロマチェンコ空いての方がやれる気がするし、遠い間合いから削られ続けそうな気がするね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

adsense
おすすめの記事