adsense
adsense
pickup

元WBC世界ミドル級チャンピオンのフリオ・セサール・チャベス・ジュニアさん。お父様で元3階級制覇チャンピオンのシニアが同じイベントでヘクター・カマチョ・ジュニアとのエキシビションマッチをやりますがカマチョが親父が負けた1992年から仕返ししてやろうと思ってたと話しておりますな。

よしきた引退や!フリオ・セサール・チャベス・ジュニアVSマリオ・カサレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ちなみにお父様でレジェンドのフリオ・セサール・チャベスが擁護しておりましたが、同じレジェンドで4階級制覇チャンピオンのエリック・モラレスがお父さんごと批判しております。

チャベス・シニアは息子が試合に勝っていたと語っておりましたが、実際にはジェイコブスの動きにほとんどチャベスはついていけておらず、ジェイコブスのジャブを被弾してカウンターの右を当てられるなどウェイトの差を覆せないほどのスキルの差がありましたよね。その後は無名のカサレスに判定負けしてしまうなどキャリアは完全に落ち込んでおります。

チャベスは常にウェイトの問題やトレーニングを真面目にしないということがあり、既にファンからも愛想を尽かされておりますな。世界タイトルマッチからも遠ざかっておりボクサーとしてのレベルも下がってるなぁ。カサレスとの試合でも勝っていたとか話してるけどジャブをガンガンもらってたし、ウェイトを上げるたびに弱くなっている気がしてしまいますね。

お主は何をしに来たのだ…カネロ・アルバレスvs.フリオ・セサール・チャベス・ジュニア

"俺の親父が1992年にチャベスに負けてからリベンジを待っていた。あれは俺の家族だけではなくてプエルトリコにとって敗北だったよ。長年チャベスとの試合をやりたかったけど実現できなかった。だからジュニアとオマールとの試合をやろうとしたけどやれなかった。、俺がやりたかったのは家族のためにシニアとの試合だったんだ。今俺たちはエキシビジョンをやることになったし俺の時代だよ。俺はトレーニングしてる時も親父とずっと比べられてきた。簡単なキャリアではなかったよ。チャベスやカマチョのようなレジェンドのファイターは毎日生まれるわけではない。チャベス・ジュニアも同じことを経験してると思うけど簡単なことではないんだ。俺は親父のようになるために来たのではなくて、俺の中でベストになるようにトレーニングしてきた。"

家族の威信かけてるな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

伝説の続きのドラ息子!フリオ・セサール・チャベス・ジュニア!

adsense
おすすめの記事