adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年11月7日に日本で行われたWBC世界バンタム級王座統一戦

正規王者ノルディ・ウーバーリvs.暫定王者井上拓真の一戦です!!

モンスターの弟陥落の予感…井上拓真vs.ノルディ・ウーバーリ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はウーバーリの2度目の防衛戦。フランスのサウスポーは2度のオリンピックを経験している元アマチュアトップのファイター。ルーシー・ウォーレンをアメリカで下してタイトルを獲得しましたな。

井上はこれが初防衛戦。井上尚弥の弟でありながらもファイトスタイルはかなり違っていて切れ味鋭いコンビネーションが武器ですね。地元でキャリア最大の強敵を迎えましたがここで勝ち抜けば真のチャンピオンとなりますね!

そしてこの試合はウーバーリが当たらなくても手数をガンガン出してきて拓真は悪い癖で見てしまう展開に…4ラウンドに左ストレートでダウンさせられた拓真はタイミングの良さで対抗したものの手数で押されて判定負け。初黒星となり王座陥落しましたな。

それではこの試合を振り返ります!

やっぱり地味な拓真さん。それでも輝く…井上拓真vs.タサーナ・サンパタン

試合経過

1ラウンド

サウスポーのウーバーリに井上は頭を振って焦点をずらす。

ウーバーリは左ストレートを出してきて踏み込んでのジャブが速い。

井上はジャブを出すものの右をほとんど出してこない。

井上は打ち終わりにジャブと右をリターンしてカウンターを狙っている。

2ラウンド

井上は右スイングを出してウーバーリはインサイドでアッパーを返す。

井上は左の打ち終わりに右をリターンしてジャブに左フックを狙う。

ウーバーリはジャブを踏み込んで当てて少しアングルを変えてくる。

井上はジャブを当てて動き出しに右リードを当てる。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

井上は右ボディストレートを当ててウーバーリは左右フックを強引出てくる。

ウーバーリはだんだん出られなくなってきており、井上も手を出さないので膠着。

そして中盤右フックを当てたウーバーリは左ストレートから右フックをまた当てて井上の顔が跳ね上がる!

井上は右ボディを当ててかなり落ち着いていて効いてはないようだ。

一瞬のひらめきが放つフィリピンの閃光!ノニト・ドネア!

4ラウンド

ウーバーリはどんどん出てきて手数とプレッシャーを強めてくる。

井上は悪い癖で相手の出方を見てしまい手数が少ない。

中盤出てくるところに右ボディを当てるがウーバーリはアグレッシブ。

ウーバーリは大きなフックを出してきて井上がワンツーを出すと左ストレートがカウンター!井上は尻餅をつくダウン!

効いている井上は足を使ってサイドステップを駆使してなんとか逃れる!

5ラウンド

井上は右ボディを当ててウーバーリはガードの上でも当ててくる。

ウーバーリは左ストレートを出してきてノックアウトを狙っている。

井上はジャブを出して少しプレッシャーをかける。

ロープに詰まった井上はボディをねじ込んでかなり冷静に見ている。

ウーバーリは右ボディを受けてもコンビネーションを出してきて井上も打ち終わりに右を当てる。

6ラウンド

ウーバーリは当たらなくてもコンビネーションを出してきて強引にくる。

井上はウーバーリが下がるタイミングで右をガードに当ててくる。

井上はワンツーを出してくるがやはり手数が少ない。

ウーバーリは当たらなくてもコンビネーションを出してくるので見栄えが良い。

終盤にもウーバーリは踏み込んで左を当ててアグレッシブに来る。

拓真とやるのはオウバーリか…ルーシー・ウォーレンvs.ノルディン・オウバーリ

7ラウンド

ウーバーリは左右フックをガードに当ててきて手数で押してくる。

井上はジャブをボディについて少し意識して手を出してくる。

井上のジャブはタイミングがよく意外にコツコツ当たっている。

さらに踏み込んでの左フックも顔をかすめておりウーバーリは空振りが増えてきた。

井上は入り際に左フックを終盤に当ててカウンターはうまい。

8ラウンド

井上は右ボディを当てていきなりのスイングも出してくる。

ウーバーリは当たらなくても左を大振りでスイングしてくる。

ウーバーリは井上のワンツーの打ち終わりにワンツーをボディに返す。

ラウンド中盤にはウーバーリの左をもらって顔がのけぞり拓真はポイント的にはっきり奪えない。

井上は左フックをロングで当ててまともにはパンチをもらわないけど手数が決定的に少ない。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

井上は右ボディ、左ボディを当ててアグレッシブに来る。

ウーバーリはポイント優位を確信してかなり余裕が見える。

中盤ウーバーリの入り際に左ボディを当てて顔面に右をねじ込む。

ウーバーリは少し足を使っており安全運転に切り替えてきている。

拓真世界への切符を入手… 井上拓真vs.マーク・ジョン・ヤップ

10ラウンド

井上はノックアウトを狙ってプレッシャーをかけてくる。

さらに左ボディを狙っており前にじりじり迫ってくる。

中盤左ストレートに右を合わせるが少しタイミングがずれる。

ウーバーリは間合いが詰まるとワンツーを出してこの辺りはうまい。

11ラウンド

井上は打ち終わりに右ショートを当ててウーバーリは構わず手を出す。

さらに踏み込んでの左を当てて井上の顔が少し仰け反る。

ウーバーリはかなり余裕があり打たれても打ち返してくる。

井上は顔面を狙いすぎな印象で少し空回りしてしまっている。

12ラウンド

井上は前にガンガン出てくるがウーバーリも打ち返してくる。

激しく頭が当たる2人だがウーバーリは下がりながら手を出す。

井上は手数を出してくるが頭が当たるとアピールする。

しかし終盤に右を当てるとウーバーリは後退!井上がここに来てチャンスを迎えるがウーバーリはリターンの左を返して井上は少し出られなくなる。

ウーバーリは疲労もあり効いてるが井上は打ち終わりにクリンチして凌いでしまう。

判定は117-110.115-112.120-107の3-0でウーバーリ!

ちなみに僕は115-112でウーバーリでした!

いつになったら拓真とやるんだよ…ノルディ・ウーバーリvs.アーサー・ビジャヌエバ 試合後のコメントもあり!

所感

攻め手がないんだよ…

井上拓真はどうしても相手の出方を見てしまいますよね。これは悪いことではないんだろうけどウーバーリのように前に出てくる相手には効果的ではない。

4ラウンドのダウンはまっすぐ下がったところにまともに左ストレートをもらいましたな。まぁまだまだこの人も発展途上なので今後に期待したいけどウェイト下げたほうがいい気もする。

残念ながら世界チャンピオンになるのは早かったような気もするんだよな。残念ながら多くのファイターが早めの世界挑戦をするけどこれが正しいのかは考えものなのかな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事