adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年11月7日に日本で行われたWBA.IBF世界バンタム級タイトルマッチ

WBA.IBF王者井上尚弥vs.WBAスーパー王者ノニト・ドネアの一戦です!

日本人選手史上最高のビッグマッチになる予感…井上尚弥vs.ノニト・ドネア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は井上の3度目の防衛戦。無敗の3階級制覇チャンピオンは天才的なパワーとスピードで相手を圧倒。トーナメントでも初回と2ラウンドで試合を終わらせてしまい、手のつけられない強さを持ちますな。

ドネアは元5階級制覇チャンピオンのカウンターパンチャー。7度も世界チャンピオンになっている天才ボクサーのベテランで、トーナメントではシードではなかったもののファイナルまで来ておりますな。

そしてこの試合は大変な試合となります。ドネアが2ラウンドに左フックをカウンターして井上の目をカットさせると、井上が右ストレートでお返ししてふらつかせるなどレベルの高い攻防に。中盤はドネアがプレッシャーをかけて右ストレートでふらつかせるなど巻き返して試合の行方は後半になります!そして井上が11ラウンドにアッパーからの左ボディを当ててダウンさせると2人は12ラウンドを戦い抜いて井上が判定勝ち!かつて無いほどの苦闘を演じながらもスーパーな試合を制してWBSSトーナメント優勝、モハメド・アリのタイトルを強奪しました!

それではこの試合を振り返ります!

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

試合経過

1ラウンド

2人は互いを見合って井上がジャブをボディについていく。

ドネアは右ガードを高く上げてかなり左フックを警戒している。

井上は右ボディストレートを出してかなり強く出してくる。

井上はジャブにクロスを返してドネアの顔がかなり嫌がっている。

ドネアは右から左を出して井上の打ち終わりに左フックを返してくる。

さらに顔面にジャブをついて右を出すとドネアの顔が早くも赤くなる。

2ラウンド

井上はジャブをボディに出して右ボディを当ててくる。

そして動き出しにドネアに左フックを当ててプレッシャーを強める。

そして右打ち下ろしを当てるとドネアは少しふらついてドネアもパワーを感じている。

ドネアはロープに詰めるとワンツーをボディに当てるがカウンターを警戒して攻撃ができない。

ドネアは打ち終わりに左フックを当てて右目上からカットして流血。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

井上は左ガードを高く挙げてかなり目を庇っている。

ドネアはプレッシャーを強めてきて井上は少し取り乱している。

井上はジャブをボディに当ててフットワークを使って間合いを取る。

ドネアはガンガンプレッシャーをかけてきて井上は動き出しにジャブを当てる。

井上は鼻血も出しておりかなり苦しい試合となる。

一瞬のひらめきが放つフィリピンの閃光!ノニト・ドネア!

4ラウンド

ドネアはガードの上にワンツーを当てて井上は入り際にショートのフックを放つ。

ドネアはプレッシャーをかけてきて井上もワンツーを返す。

井上はジャブを当てているものの動き出しに綺麗に当てる。

さらにドネアは踏み込んでの逆ワンツーを当てて井上は右ボディを返す。

井上は右アッパーから左フックを返してドネアはジャブから右を返す。

5ラウンド

ドネアはワンツーを出してきてパワーを全開に出してくる。

井上はジャブに左フックを合わせてドネアが少しバランスを崩す。

さらにジャブに右クロスをねじ込んで少し調子が出てきた。

井上は入り際に左フックを当ててジャブが少しずつ当たる。

ドネアは右クロスを当てて相打ちのタイミングでジャブを当ててくる。

しかし井上が残り30秒で右クロスを当てるとドネアは大きくふらつく!

ロープに追い込んでワンツー、ボディでドネアはかなり効いていたがここは耐え切る!

6ラウンド

井上はカウンターを狙っているようで強引には出てこない。

ドネアは踏み込んでの右をかすめてタイミングが良い。

井上はジャブからワンツーを出すがドネアは左フックをカウンターしてくる。

井上は間合いを詰めると左右フックを出してドネアも左フックを相打ちで狙う。

井上はワンツーをダブルで当てて右がかなり強烈。

フィリピンの閃光がモンティエルをノックアウト! ノニト・ドネアvs.フェルナンド・モンティエル

7ラウンド

井上はフットワークを使って間合いを取り少し落ち着く。

ジャブを相打ちとなるがドネアはワンツーを出してくる。

井上は少し様子を見ておりドネア が逆ワンツーをもらう。

井上は後半にワンツーをパワフルにガードに当ててドネアの顔が腫れてきた。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

8ラウンド

井上はジャブをボディに当ててドネアはタイミングを遅らせて出してくる。

ドネアは右ストレートを序盤に当てて井上はまた出血してくる。

ドネアはプレッシャーを強めてきて井上は左ボディから左右フックを顔面に返す。

ドネアは離れ際に右ストレートを当てて左フックを危険なタイミングで当てて右クロスで当てると井上は傷口が開いて激しく流血。

9ラウンド

井上は足があまり動かなくなってきており少し調整不足か。

ドネアはジャブを綺麗に当てて左フックに右ストレートをもらって大きくふらつく!

ロープを背負った井上はかなり鼻血も出ており苦しい。

ドネアは狙って踏み込んでの右ストレートを出してくる。

マクドネル井上の逆鱗に触れてしまう… 井上尚弥vs.ジェイミー・マクドネル

10ラウンド

井上はジャブに合わせて左フックを合わせてカウンターを狙う。

井上はやり返すつもりのようで少しプレッシャーをかけてくる。

ドネアは打ち合いの中でジャブを綺麗に当てて井上は左が見えてないようだ。

ドネアは手数を出してきてボディにワンツーを当てて井上は接近戦で左ボディを打ち込む。

そして終盤井上がワンツーのショートをダブルで当ててドネアは一瞬ふらつく!

11ラウンド

井上は強引にガードの上にワンツーから左ボディを打ち込む。

ネアはワンツーを返してきて井上は大振りでくると、左ボディー!!

ドネアは背を向けて下がってコーナーまで逃げてダウンすると立ち上がる!!!多分これは肋骨がいったかな…

井上は倒しにきてワンツーを打ち込むとドネアは体を曲げてるがワンツーを返してくる!

ドネアは左目がかなり腫れており井上がワンツーを返してドネアもカウンターを狙っている。

12ラウンド

ドネアはかなりいっぱいいっぱいでダメージが溜まっている。

井上は強引に出てきてワンツーをショートでフックを当てる。

ドネアは左フックをカウンターで入り際に狙っており井上もジャブで顔を跳ねる。

井上はワンツーをガードに当てて下がらせるとドネアもカウンターを狙う。

井上はショートの左を当ててドネアも前に出てくる。

井上は右ボディを打ち込んで実力伯仲の好勝負は幕を閉じる。

判定は116-111.117-110.114-113の3-0で井上!

ちなみに僕は114-113で井上でした!

デラホーヤさんのベストバウトの1つのはずだ…オスカー・デラホーヤvs.アイク・クォーティ

所感

ファイト・オブ・ザ・イヤーやな…

素晴らしい試合でした。ドネアがここまでやれるとは思えなかったけどまじでやばい試合だった。試合の後に採点を集計するのを少し忘れたぐらい笑。

しっかしこれは持ってるね笑笑。誰もが見ててわかりやすい試合だった。決め手はダウンだったと思うし、僕の目では2人の間に差はなかった。クォーティとデラホーヤの試合を思い出しましたね。

こんなにみんなが注目するような試合でこんなにグレートな試合ができるなら井上はまだまだデマンドありですね。ドネアとのアメリカでのリマッチが見たい笑。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事