adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1998年名古屋で行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

王者飯田覚士vs.フリオ・ガンボアの一戦です!!

井岡の叔父も意地がある…飯田覚士vs.井岡弘樹

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は飯田の2度目の防衛戦。3度目の世界チャレンジでタイトルを獲得したファイター。アウトボクサーで2階級制覇チャンピオンの井岡弘樹を下しているなかなかのチャンピオンですな。

ガンボアはニカラグアのハードパンチャー。バンタム級とスーパーフライ級で活躍しておりWBCカリブタイトルを獲得。WBAフェデラテンタイトルを獲得しております。世界初挑戦となりますな。

そしてこの試合は開始からサウスポー同士の試合となり、ガンボアがアグレッシブに前に出てくる試合に。しかしガンボアは目の上をカットして流れが変わって飯田がボディ中心の攻めを見せて判定勝ち。指名戦をクリアしました!

それではこの試合を振り返ります!

意地の張り合いやな…井岡一翔vs.田中恒成予想

試合経過

1ラウンド

2人はサウスポースタンスでお互いにジャブをつく。

飯田はシャープな左ストレートを当ててパンチはキレている。

ガンボアも左クロスを当てて顔を軽く弾いてくる。

飯田はジャブをついてなかなかパンチは速い。

ガンボアは左右フックとストレートを出して強引にくる。

2ラウンド

ガンボアはジャブを相打ちのタイミングで放ってくる。

そして左ストレートを出してきてプレッシャーをかける。

飯田は間合いを取ってパンチはよく見えている。

そしてガンボアは中盤に左クロスをヒット!飯田はふらつく!

飯田はなかなかペースが奪えないが返しの右フックを当てる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

飯田は左ストレートをショートで当てて下がる。

そしてフットワークを使ってサイドへと回っていく。

飯田はちょこんとジャブを当ててこれはなかなか良い。

さらに出てくるところに左ショートのクロスを決める!

ガンボアもジャブを返してきてなかなか白熱する。

ニカラグアのスモールジャイアント!ローマン・ゴンサレス!

4ラウンド

ガンボアは左クロスを当ててガンボアは目の上をカットする。

そしてこれがバッティングと目されて飯田が減点。

飯田は左ストレートを放ってガンボアは前に出てくる。

ガンボアはどんどん出てきてボディをうちこんでくる。

そして強引にコンビネーションを放って前に出てくる。

5ラウンド

飯田は相打ちのタイミングでジャブをコツンと当てる。

ガンボアはなかなか出血しており、左ボディを打つ。

飯田も押し込んでの左ボディを打ち込んでこれは良い。

そして押し込んできて肩を押し付けての右フックを当てる。

ガンボアはインサイドでアッパーを返してこのパンチは怖い。

6ラウンド

飯田は前に出てきてガンボアはアッパーで迎撃。

そして飯田が左クロスをとても綺麗に決める!

ガンボアはアッパーを打ち返してきて飯田はクリンチアッパーを打つ。

飯田は中盤左ストレートを当てるとガンボアはふらつく!!

飯田はどんどん出てきてアッパーを打つが決定的なシーンはない。

試合中に脱臼はきつい…飯田覚士vs.ヘスス・ロハス

7ラウンド

ガンボアはジャブをついてきてサイドへと回る。

しかし飯田は左クロスを綺麗に当ててガンボアは視界も悪い。

そして組みついてくるが飯田は左ボディをねじ込む。

ガンボアは左クロスを返してきてこれもなかなか怖い。

飯田はしつこく左右ボディを打ち込んで右フックを顔面に返す。

8ラウンド

ガンボアは左ボディを打ち込んでスイングを打つ。

飯田は前に出てきて左スイングを出してくるなど珍しい。

そして組みつかれても押し負けずに押し返してくる。

飯田は左右ボディを打ち込んで押し込んでくる。

ガンボアはジャブを返して飯田は組みついてのボディ。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ガンボアはジャブをついてきてコツコツと出してくる。

飯田は右フックを出してきてガンボアは間合いを取る。

そして組みついてきてこの辺りのごまかしはうまい。

飯田は右フックを返してきてこれは伸びてくる。

ガンボアはフットワークを使ってジャブをついてサイドへ。

どこがアイドルボクサーやねん…ヨックタイ・シスオーvs.飯田覚士

10ラウンド

飯田は左ボディを打ち込んで組みつかれてくる。

ガンボアは左クロスを打ち込んでそのままクリンチ。

飯田は組みついてきてボディをねじ込んでくる。

さらに中盤に左ボディを打ち込んでガンボアは動きが止まる!

疲れもあるガンボアは出血もかなり激しくなる。

11ラウンド

飯田は左ボディを打ち込んでこれはなかなか強い。

そしてカウンターの左クロスを当ててなかなか良い。

ガンボアは組みついてきてインサイドでアッパーを狙う。

飯田は前に出てくるとガンボアは組みついてくる。

そして打ち合いを避けて飯田も少しやりにくそう。

12ラウンド

ガンボアは左クロスを出してきてなかなか良いタイミング。

飯田のトランクスはガンボアの血で鮮血に染まる。

ガンボアはボディを打ち込んできてなかなかやりにくい。

飯田は組みついてきて左フックを放つが少し手数が少ない。

それでもジャブを返してガンボアも打ち返してくる。

判定は3人ともに115-113の3-0で飯田!

ちなみに僕は116-113で飯田でした!

噛み合うけどシスオーの勝ち…ヨックタイ・シスオーvs.飯田覚士2

所感

泥臭いね…

飯田の試合はいつもアウトボクシングだけで終わることはない。どこかで打ち合いになってなかなかの白熱の激戦になって終わりますよね。

ある種清水智信とも似てるかもしれない。清水の場合は打たれ弱いことが知られてるから前にこられて打ち合わざるを得なくなるわけですけどね。

飯田はこの試合の後ロハスに負けて陥落。ガンボアはなかなかのセンスの持ち主だったけどフェリックス・マチャドに勝てずにタイトルの獲得はならなかったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

4階級を制した間合いの達人!井岡一翔!!

adsense
おすすめの記事