adsense
adsense
pickup

本日ニューヨークにて行われた元WBA.IBF世界スーパーウェルター級チャンピオンのジャレット・ハードとフランシスコ・サンタナの試合はハードがジャブを多用してアウトボクシングした末に10ラウンド終了間際にダウンを奪って判定勝ち。ジュリアン・ウィリアムスに負けて以来のカムバック戦をクリアしましたがコメントが来ております。

良い人王者のハードさん階級最強に躍り出る!!ジャレット・ハードvs.エリスランディ・ララ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ハードはこれまでそのサイズを活かした押しつぶすようなボクシングをしてきておりましたが今回はジャブを多用して間合いを取るアウトボクシング。試合的には盛り上がりに欠けましたが打たれずに打つことを意識しておりましたな。

ハード"俺たちはリングに上がってやりたかったことをやったよ。みんなあまり気に入ってくれなかったけど理解はしてくれなきゃいけないよ。俺はユナニマスディシジョンを獲得してやりたかったことをやったんだ。間違いなくフラストレーションはなかったね。俺たちは向かい合って打ち合いたくなかったしリスキーの試合にしたくなかったんだ。"

サンタナ"俺はただ前に出て自分の全てを出し尽くしたかったんだ。何回か彼のことをイライラさせたのはわかってる。でもこれはかなり難しい仕事だったし言い訳は特にないよ。"

まぁ打たれないに越したことはないからな。

メリーランドの進撃の巨人…ジャレット・ハード!

続いてクルーザー級プロスペクトのビダル・リレイさん。メイウェザープロモーションズと契約したことを明かしており、2月28日のラスベガスでメイウェザープロモーションズデビューするそうです。

クルーザー級は先日大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"こないだ若手をトレーニングしたけどとても楽しかった。きっと彼らのことをケアして気にかけてるからだな。俺が友達ならベストなアドバイスを必ずファイトの前にする。俺がいなければファイトさせないよ。"

メイウェザープロモーションズは飼い殺し。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ドルティコスよスペースを作るのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.マイリス・ブリエディス予想

adsense
おすすめの記事