adsense
adsense
pickup

かねてからの噂通り、元2階級制覇チャンピオンで最年長チャンピオン記録保持者のバーナード・ホプキンス、元3階級制覇チャンピオンのシェーン・モズリー、元4階級制覇チャンピオンのファン・マヌエル・マルケスが国際ボクシングの殿堂入りを果たしたそうです!

ホプキンスとマルケスが名誉の殿堂入りへ…ディッケンズupdates!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

他にもプロモーターのキャシー・デュバやルー・ディベラの面々も殿堂入り。ホプキンスもマルケスもモズリーもモダン部門での殿堂入りになるのかな。

ホプキンス"これはグレートなことだ。とてもハッピーだしこのニュースを聞いてエキサイトしてる。とてもハッピーだしカナストーナに招待されるのを楽しみにしてるよ。"

マルケス"ハッピーだし名誉に感じてる。俺はこの時のために全人生をかけてきたんだ。ボクシングを8歳で始めた時からこれがやりたいことで臨むことだと分かっていた。俺はグレートの1人になるゴールを達成できたし、殿堂入りを果たしてとても名誉に感じているよ。"

モズリー"俺はただ世界にフィットしたボクサーになりたかったし、殿堂入りは俺の夢が叶った気分だよ。俺はいつもカナストーナに帰ってくる時は楽しみにしていたけど今年はよりスペシャルな気持ちだね。"

ホプキンスさんなんか数年前に引退したばかりやのにな。まぁ当たり前のチョイスやけど。

リングの処刑人にして中年の星 バーナード・ホプキンス

続いてイギリスの無敗のスーパーフライ級コンテンダーのトミー・フランクさん。インタビューに答えてくれており、サニー・エドワーズとマルセル・ブレイスホワイトの試合のリングサイドに行くそうです。

スーパーフライ級は日本で言うとWBO王者に日本人初の4階級制覇王者の井岡一翔が君臨しておりWBCには2階級制覇王者でスーパーフライ級最強とされていたシーサケット・ソールンビサイを破ったファン・フランシスコ・エストラーダが君臨しています。さらにIBFには長期政権を築いているフィリピンのヘルウィン・アンカハスがおりWBAにはこれまた長期政権の元オリンピアンであるカル・ヤファイが君臨していますな。

このうちのヤファイとエストラーダが統一戦が期待されておりこれからの交渉の結果によりますが1月にやる話も出てきておりますな。アンカハスと井岡一翔も12月にそれぞれ防衛戦を控えております。

"俺はとてもこれまでよくやれてると思うし、チームにもとても感謝してるんだ。俺は毎朝起きてスマイルで起きてるからね。今俺は夢に生きてるんだ。来年はきっと俺に取って大きな一年になる。ビッグファイトに携わりたいし2020年は俺がブレイクするための年になるよ。"

エドワーズさんも来年かな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

アンカハス早いリカバリープラン・・・ヘルウィン・アンカハスvs.ミゲール・ゴンサレス予想

adsense
おすすめの記事