adsense
adsense
pickup

ワシル・ロマチェンコをしつこいぐらいに挑発しているビッグマウスとして有名なテオフィモ・ロペス。口だけではなくてライト級トップ10に入る実力を持っておりロマチェンコに対抗できるかもしれない若さと勢いを持つ将来の世界王者候補です。

テオフィモはホンジュラス系アメリカ人として有名でリオデジャネイロオリンピックにホンジュラス代表で出場しておりプロに入ってからはその爆発的な強打で多くの対戦相手をノックアウト。ビッグマウスも相まって試合は常に注目を集めております。

現在はIBF指名挑戦者としての権利を保持しておりロマチェンコの唯一とも言える対抗王者のリチャード・コミーへの指名挑戦者です。2人の試合は12月14日にテオフィモの地元であるニューヨークで試合をすることが決定しておりロマチェンコとのWBA.WBO.WBC王座を加えた4団体統一戦をかけた試合となりそうですね。

テオフィモはキャリアの中で元世界タイトル挑戦者のディエゴ・マグダレノをKO。指名挑戦者決定戦では中谷正義に苦戦したもののアグレッシブさで優って判定勝ち。キャリアは20戦にも満ちませんが強敵をすでに倒してきております。

テオフィモはその強さと注目度から批判も多いです。特にマグダレノをKOした後にマグダレノを愚弄するかのようにリングでダンスするなどひんしゅくを買うこと、中谷戦のパフォーマンスが良くなかったなど批判も多いですがそれだけ注目されている証拠ですね!

すでにライト級のウェイトを作ることはかなり厳しいとされており将来的にはスーパーライト級へのウェイトアップを明言しているテオフィモはこれからもビッグマッチに携わることは間違いありません!

ということで、テオフィモの試合をより楽しむためにテオフィモの来歴をまとめてみました!!

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!



テオフィモ・ロペスについて

ソース画像を表示

ロペスのプロフィール

ロペスは1997年のニューヨークのブルックリン生まれの22歳。ホンジュラス系アメリカ人であることが知られておりますがご本人は生粋のニューヨーカーで現在もブルックリンに住んでおりニューヨークを拠点としておりますね。

ロペスはアマチュアの頃からライト級で試合をしており2015年のナショナルゴールデングローブに優勝。2016年のリオデジャネイロオリンピックへの参戦を目指してましたがアメリカ国内予選で敗れています。しかしホンジュラスのチームに入ってオリンピック出場していますね。

プロモーターはワシル・ロマチェンコと同じくトップランクでボブ・アラムが率いる世界で最も大きなプロモート会社です。リチャード・コミーも同じ系統なのでライト級にいる間は対戦相手に不自由することはないかな。

パワーだけならライト級最強かなリチャード・コミーvs.レイムンド・ベルトラン 試合後のコメントもあり!

これまでの経歴、中谷戦まで

ソース画像を表示

ロペスはリオデジャネイロオリンピック終了後の2016年20歳の時にプロデビュー。デビュー戦は6階級制覇王者であるマニー・パッキャオの現役復帰戦であるジェシー・バルガスとのWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチの前座でラスベガス。この試合ではロペスはダウンを喫しておりますが2ラウンドでKOしています。

性格的にアメリカ式のゆっくりキャリアを積む方式があまり合わなかったのかロペスは3戦目から6回戦を戦います。プロ6戦目までオールノックアウト勝ちを収めてきたロペスはニューヨークやフロリダで経験を積みます。

プロ9戦目には8回戦を行うと初回KO勝ち。9戦目でニューオーリンズにて10回戦を行います。対戦相手はウィリアム・シウバでブラジルの技巧派。テオフィモよりも経験で勝りWBOラテンタイトルを保持していたこともあり12ラウンドの試合をした経験のある強敵です。テオフィモと同じくオリンピアンでトップランク期待のフェリックス・ベルデホに負けた試合のみが唯一の敗戦でWBOコンチネンタルタイトルを持つ相手ですね。

ベルデホ相手に判定まで粘ったシウバにテオフィモは持ち前の左右フックと圧力の強さで初回からダウンを奪う圧勝。5ラウンドと6ラウンドにもダウンを奪ってストップ。。。説得力のある攻撃でテオフィモが世界にその名を轟かせます!!

そして次戦ではテオフィモはコンテンダーといきなり対戦。メイソン・メイナードとのNABF,NABO王座決定戦をニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて行います。メイナードは元WBO王者のレイムンド・ベルトランと対戦し、テオフィモと同じく若きプロスペクトのデビン・ハニーとも対戦してKO負けしているコンテンダー。NABOタイトルを保持していたことがある技巧派ですね。

そしてこの試合はテオフィモが大爆発!!!ハニーがストップに9ラウンドかかった相手をテオフィモは開始から襲い掛かってまさかの初回44KO!驚異的な爆発力を見せて世界にその圧巻のパフォーマンスと才能を見せます!

メイナードを蹴散らしたテオフィモは次戦でまたまたビッグマッチを引き当てます。今回の相手はディエゴ・マグダレノ。元WBOスーパーバンタム級王者のジェシー・マグダレノの兄でコンテンダーのディエゴはかつてWBOスーパーフェザー級王者のローマン・マルティネスに肉薄したものの僅差判定負け、さらにWBOライト級王者のテリー・フラナガンとも対戦しましたがこの時はフラナガンの乱打戦に捕まって2ラウンドKO負けを喫しているコンテンダーです。

そしてこの試合でもテオフィモはタフなマグダレノを圧倒。マグダレノは懸命に打ち返すもののテオフィモはマグダレノのパンチを被弾しても意に介さず押し込みまくって7ラウンドにKO。快勝しましたがこの後に敗れたマグダレノが横たわる近くでマグダレノを愚弄するかのようなダンスをしてしまい大きな不興を買います。テオフィモはこのことを受けても意に介さず次の試合でも同じことをしてやると話しておりこの頃からロマチェンコの実名を出して挑発するなど性格面で問題が出てきましたな。。。

そしてノーダメージのテオフィモは2か月後にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでテレンス・クロフォードとアミール・カーンのWBO世界ウェルター級タイトルマッチのPPVのセミファイナルに抜擢!相手はフィンランドの技巧派であるエディス・タトリになります!

タトリはコソボ生まれのコンテンダーでヨーロッパ王者。かつてWBA王者だったキューバのリチャード・アブリルに挑んで僅差判定負けを喫している技巧派でキャリアの中でWBAインターコンチネンタルタイトル王座、ヨーロッパ連合王座を獲得してきた強豪です。

テオフィモはそんなタトリをパワーで圧倒!!タトリも正確なジャブでテオフィモの顔をはじいていたもののテオフィモはものともせずに力技で5ラウンドにKO!!世界ランキングを上げることになりIBF指名挑戦者決定戦へと駒を進めます。

ノックアウト・オブ・ザ・イヤーきたか!?ワシル・ロマチェンコvs.アンソニー・クローラ 試合後のコメントもあり!

中谷とコミーとの指名試合

ソース画像を表示

タトリを難なく下したテオフィモは自身初めてのメインイベントをアメリカのメリーランド州のMGMグランドナショナルハーバーで行うこととなります。そしてこの試合はIBF指名挑戦者決定戦となりましたね。

対戦相手は日本の中谷正義。OPBF王座を長い間防衛してきた強敵でライト級としては破格とも言える180センチの身長と長いリーチを誇る無敗のコンテンダー。テオフィモがデビューした時から12ラウンドの試合をしている経験豊富な選手でもあります。

この試合はテオフィモが圧倒的優位の予想で迎えました。中谷はアメリカのファンには知られていないからです。しかし蓋を開けてみればテオフィモはまさかの大苦戦。中谷の長いジャブと相打ち覚悟の右リードを何発も被弾してしまうテオフィモは運動量で勝りポイントをこそ失いませんでしたが目の周りは腫れておりダメージを感じさせながらも大差判定勝ち。しかし内容からかなり苦戦しており多くのファンがテオフィモはまだ世界は早いのではないかとの声も上がりましたね。

プロモーターのボブ・アラムもテオフィモはまだ学ぶべき多くのことがあると話しておりロマチェンコもこの試合を見て誰でもないやつに苦戦してたと批判。テオフィモは試合後にパーソナルな問題を抱えていたことを明かしましたがコミーもパーソナルなんか誰にでもあるわと一喝されておりましたな笑。

コミーへの挑戦は見送るのではないかとみられたテオフィモでしたが12月14日にテオフィモの地元であるニューヨークで試合をすることが決定!正念場を迎えています!

中谷さんまさかのテオフィモにテストを与えるテオフィモ・ロペスvs.中谷正義

今後期待される試合

ソース画像を表示

テオフィモに今後期待される試合はワシル・ロマチェンコ、リチャード・コミー達のライト級トップ選手達との対戦ですね!

ライト級は正直WBA.WBC.WBO王座を統一しているワシル・ロマチェンコが頭1つ飛び抜けております。オリンピックで2度金メダルを獲得してプロでも3階級制覇。少し手のつけられない強さを見せてますよね。

テオフィモは多くのファンに期待されており打倒ロマチェンコを期待されるファイターの1人です。まずはロマチェンコへの挑戦権を得るためにコミーの持つIBFタイトルを取りたいところですがコミーもえげつない強打者なので簡単に勝つことは間違いなくできません…

ライト級には他にも同じく若き王者のデビン・ハニーやロマチェンコに肉薄したロンドンオリンピック金メダリストのルーク・キャンベル、ロマチェンコをダウンさせた元3階級制覇王者のホルヘ・リナレスなどがおりテオフィモはまずこのクラスに勝たないとなりませんね!

テオフィモさん試練の予感リチャード・コミーvs.テオフィモ・ロペス予想

テオフィモのファイトスタイル

ソース画像を表示

テオフィモのファイトスタイルはシンプルでありますが割と幅広くもあります。基本的には相手と間合いを詰めて左右フックを振り回して力で潰しに行くスタイルですね。

しかし中谷戦のように長い間合いを持つ相手には少し間合いを取り動き出しや打ち終わりを狙ったり足を使ってアウトボクシングするなどできることは割と広いですね!

ガードの上からでも容赦なく叩きつけるような左右フックの威力はかなりあり一撃ではなくコンビネーションで放つため対戦相手は根負けしてしまう感があります。下がる相手にはめっぽう強いのも特徴的ですね!

反面基本的に自分から出て行くタイプであることとパンチがオープンになるので動き出しなどにパンチはもらいやすいです。テオフィモを苦戦させた中谷は相打ち覚悟でジャブをついたり右リードを動きだしに放つなどしてテオフィモの顔面にダメージを残してましたよね。

キャンベルさんペドラサ並みの頑張り・・・ワシル・ロマチェンコvs.ルーク・キャンベル

まとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか?圧倒的なパワーと若さに任せた勢いで相手を圧倒して叩き潰すスタイルのテオフィモ・ロペス。エンターテイナーとしての才能は確かなものでこれからも長きにわたって活躍することが期待されます。

テオフィモはライト級に属していてライト級にはWBA.WBC.WBO王座を統一しているワシル・ロマチェンコが群を抜いて強いです。そしてこのロマチェンコに対抗できるのはテオフィモがターゲットとしているIBF王者のリチャード・コミー、WBC世界暫定王座のデビン・ハニー、テオフィモ・ロペスではないかと見られています。

テオフィモ・ロペスはリチャード・コミーへの指名試合を控えているとのことでこの2人の勝者がロマチェンコとの対戦を実現することは確実視されておりそうなれば夢の4団体統一戦。テオフィモが勝てば口だけではなくて本当にキャリアの初期から4団体統一からのパウンド・フォー・パウンド入りと前途洋々となりますね。

 ちなみにそんなテオフィモの試合をテレビで見るにはWOWOWのエキサイトマッチが最適です。過去の試合もリピート放送でされていますし、WOWOWを是非試してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW

メイウェザーさんお抱えのスーパーバッドなタンク!!ガーボンタ・デービス!!

adsense
おすすめの記事