adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は1979年ラスベガスで行われたWBC世界ヘビー級タイトルマッチ

王者ラリー・ホームズvs.アーニー・シェーバースの一戦です!!

お主にやるラウンドはねぇ…ラリー・ホームズvs.ルシアン・ロドリゲス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はホームズの4度目の防衛戦。かつてシェーバースを判定で下しているホームズはこの試合で指名挑戦者の権利を得てノートンに挑んだ経緯がありましたな。中間距離での打ち合いにとても強いです。

シェーバースはアマチュアとしても活躍していたハードパンチャー。元チャンピオンのケン・ノートンを初回ノックアウトで下しておりモハメド・アリに挑んで以来の世界タイトルマッチとなりましたな。

そしてこの試合はホームズが開始からジャブで顔を弾いてリード。しかしシェーバースはプレッシャーを強めてきて7ラウンドに痛烈な右クロスでダウンさせるまさかの展開に!ホームズはストップ寸前まで追い込まれましたが起死回生のアッパーが炸裂!シェーバースはダメージと疲労でまともに動けず11ラウンドにストップとなりました!

それではこの試合を振り返ります!

アリvs.スピンクスの裏ですげ〜試合してんな…ケン・ノートンvs.ラリー・ホームズ

試合経過

1ラウンド

シェーバースは開始からワンツーを振り回してくる。

ホームズはジャブをついてサイドに回ってハンドスピードが速い。

シェーバースは多少被弾してもワンツーをボディに当ててくる。

ホームズはジャブをついて左フックをリードに使う。

そしてサイドに回ってうまく間合いを取っている。

2ラウンド

ホームズはジャブをついて簡単にサイドへと回っていく。

そしてガードの上に左フックを合わせてパンチが鋭い。

そして鋭いジャブをガードに当ててワンツーを返す。

シェーバースはワンツーを返すが手数が少ない。

プレッシャーをかけるシェーバースだがサイドに逃げられる。

しかし終盤に右を当てるとホームズはふらつく!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ホームズはアリのようなフットワークを披露する。

そしてジャブをついてスピードの差を見せてくる。

ホームズのジャブは最短距離で飛んできて近づかれるとクリンチ。

シェーバースはジャブを返してきてなかなか伸びてくる。

ホームズは常に位置を変えてジャブで間合いを取る。

全てを打ち砕くアイアン・センセーション!マイク・タイソン!

4ラウンド

ホームズはジャブをついてきてこれがはやく飛んでくる。

シェーバースはジャブを外せずコツコツと被弾。

シェーバースは前に来るもののジャブが邪魔ではいれない。

そしてホームズはガードの外からの右打ち下ろしをヒット!

シェーバースはジャブを返して右フックを打ち込む。

5ラウンド

シェーバースはジャブを伸ばしてきてなかなか伸びる。

ホームズはサイドからサイドに回って右をガードする。

シェーバースはジャブに左フックを合わせてくる。

シェーバースはプレッシャーをかけてきて前に出てくる。

ホームズは入り際に右アッパーを合わせてワンツーからのアッパーを打ち込む。

6ラウンド

シェーバースはしつこく前に出て右を強引に出す。

ホームズはクリンチして間合いを詰めさせない。

そしてジャブをついて顔面をコツコツ弾いてくる。

ホームズは右アッパーを入り際に出すがシェーバースは怯まない。

大胆な右クロスを出してスイングしてきてプレッシャーを強める。

絶対王者が崩れ落ちる…マイク・タイソンvs.ラリー・ホームズ

7ラウンド

ホームズはのらりくらりとかわしてジャブをついてくる。

そしてジャブをコツコツ当ててヒット率はとても高い。

しかしシェーバースは右スイングを出して怖いタイミングでかすめる。

そして中盤シェーバースが右クロスを当てるとホームズは後退!

シェーバースはどんどん出てきて左右フックを振り回す。

そして痛烈な右フックをジャブに合わせて当てるとホームズはダウン!これは痛烈!

ホームズはフラフラでストップ寸前まで追い込まれるがクリンチしてなんとか凌ぐ!

8ラウンド

ホームズはフットワークを駆使してサイドへと逃げる。

そしてロングの右を放り込んでなんとか回復を図る。

ホームズは右打ち下ろしを当ててガードの外から当てる。

シェーバースは右ストレートを繰り出すがかなり大振り。

ホームズは右ストレート、アッパーを返して下がる。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ホームズはジャブをついてきて右ストレートを打ち込む!

シェーバースは打ち疲れており、右で効いている。

シェーバースは明らかに疲れてしまい、ガードを固める。

ホームズは痛烈な右を当ててガードの上からも当てる。

そして思いっきり右アッパーをヒット!フラフラのシェーバースは自分のパンチでふらつく甚大なダメージを負う!

雷鳴轟くホームズの右フック…ラリー・ホームズvs.アルフレド・エバンゲリスタ

10ラウンド

ふらふらのシェーバースはよろよろとロープに後退。

ホームズはワンツーからの右アッパーでまたふらつかせる。

さらにジャブをコツコツ当てて基本も忘れない。

シェーバースはジャブを当てて来るが前に来てクリンチ。

ホームズはインサイドでアッパーを当てて顔を弾く。

11ラウンド

ホームズはジャブをコツコツ当てて後退させる。

シェーバースはかなり効いており、疲労もあって苦しい。

シェーバースはリターンを返せないままジャブの餌食となる。

そしてホームズがガードの上からのコンビネーションでふらつかせるとレフェリーがストップ!タイトルを防衛しました!

勇敢やけど止めてやりな…ラリー・ホームズvs.ランドール・コブ

所感

シェーバースダサイな…

シェーバースの負け方は悪かったですね。打ち疲れてしまったのはわかるけどもう少し何か見せて欲しかったな。あそこまで追い込んでるわけだからな。

しかしホームズのパンチはやはりすごい。切れ味がめちゃくちゃやし、シェーバースはよくダウンを拒否してたなぁと思いますね。まぁよくやった方か。

シェーバースは結局のところタイトルを取れずにキャリアの幕を閉じております。ノートンをノックアウトしたときはチャンピオンになるかなと思ったけどな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

英国のプライド高きライオン!レノックス・ルイス!

adsense
おすすめの記事