adsense
adsense
pickup

先日アルフレド・サンティアゴをダウンさせた末の判定でロサンゼルスにて初防衛を飾ったWBC世界ライト級チャンピオンのデビン・ヘイニーさん。まだWBC.WBA.WBOチャンピオンのワシル・ロマチェンコとの対戦を望んでおりますな。

ドミニカから勝ちに来ないんかい…デビン・ヘイニーvs.アルフレド・サンティアゴ 試合後のコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ヘイニーはサンティアゴをダウンさせたものの肩を脱臼したとのことであまり良いパフォーマンスではなかったですな。

"どのラウンドかはわからないけどあいつがロープを背負った時にパンチを出したら伸びすぎて肩を痛めたんだ。でも俺はチャンピオンだから全てのことと闘って乗り越えた。次の試合に進むよ。サンティアゴはとても職人のようだったし、リングの上での調整が必要だった。この試合は1週間前に決まったしね。俺は真のチャンピオンだから全てと戦うんだ。これは全て経験になるし、ボクシングにおいて糧になることだよ。俺は勝つことができたし、次に進むだけだ。2020年には全てのトップとやりたい。統一戦をやりたいね。ロマチェンコとなら試合をすぐに作れる。ロマチェンコがやろうとしてることならわかってる。2020年は多くのビッグファイトをやりたいね。ライアン・ガルシアとの試合も大きな試合になると思う。ボクシングファンのみんなも見たいだろうな。2020年か2021年の実現を目指してるよ。その試合は遅かれ早かれやりたいよ。"

ガルシアとはやってもらいたいな。

才能溢れるアメリカのドリーム!デビン・ヘイニー!

続いて昨年の10月にニューヨークにてデメトリアス・アンドラーデにフルボッコにされてWBOミドル級タイトル挑戦に失敗していたナミビアのウォルター・カウトンドクワさん。10月26日にカザフスタンにてカナット・イスラムさんと対戦して僅差判定負け。マネージャーさんがダイレクトリマッチを求めていくことになると話しております。

この試合にはWBOインターナショナルタイトルがかけられることになっており勝てばカウトンドクワはまたWBOのランキングを上げることになります。1年ぶりの試合で豪打が爆発できるかどうかとなりますがまた敵地での試合になりましたな。

カウトンドクワは昨年アンドラーデとの決定戦で何回もダウンさせられてスキルの差を見せつけられて大差判定負け。ビリー・ジョー・サンダースの代わりだったかな。以下はマネージャーのトビアスさんのコメントです。

"今回の試合はただ恥ずかしかっただけだね。あのスコアを見たらウォルターがノックアウトしてても負けにされたかもね。こんな判定は許されるべきではない。俺たちはナミビアで多くの試合をしたけど相手に対してフェアに対応してた。スポーツのことに関係するから許されてはならない。"

ナミビアで試合とかやりたくないなぁ笑笑。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ナミビアのロングマンがトロヤノフスキーをワンパンチ! ジュリアス・インドンゴvs.エドゥアルド・トロヤノフスキー

adsense
おすすめの記事