adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年12月21日にアメリカで行われたWBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者トニー・ハリソンvs.ジャーメル・チャーロの一戦です!

チャーロさんリベンジなるかなぁ…ジャーメル・チャーロvs.トニー・ハリソン2予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はハリソンの初防衛戦。昨年末にチャーロから奪ったタイトルですが判定は議論を呼んでリマッチに。しかし足首を負傷したことで延期になり、1年ぶりの試合がチャーロとの試合になりましたね。

チャーロは元チャンピオンでお兄ちゃんのジャーモルはミドル級チャンピオンの双子チャンピオン。ハリソンに負けた後ホルヘ・コタをノックアウトしており、その爆発力の高さを見せつけておりましたな。

そしてこの試合はハリソンがスマートなジャブ、チャーロが強引なパワーショットで対抗する白熱の展開に!チャーロは2ラウンドにダウンさせてハリソンはその後正確なショットで巻き返してリード。しかしチャーロが11ラウンドに左フックを効かせて2度のダウンを奪って追撃するとストップ!チャーロが逆転勝ちでタイトルを取り返しました!

それではこの試合を振り返ります!

こういう時に番狂わせって起こるよね…ジャーメル・チャーロvs.トニー・ハリソン

試合経過

1ラウンド

ハリソンはガードを上げてチャーロがワンツーを出してアグレッシブにくる。

ハリソンはジャブを入り際に合わせて左フックを合わせる。

ハリソンはジャブを当ててアウトサイドに下がってこれはとてもうまい。

チャーロは右ボディを放ってガードを固めてジャブを警戒している。

2ラウンド

チャーロはワンツーを出して強引に踏み込んでくる。

そして左フックから右につないでアグレッシブに出てくる。

ハリソンはワンツーの右を綺麗に当ててこれもかなり硬質。

チャーロはワイルドに迫って右を当てるとハリソンはふらつく!

しかしハリソンは左右フックをカウンターで返してくる。

しかしラウンド終了間際にチャーロが大きな左フックから右フックを当てるとハリソンはダウン!しかしここはラウンドを乗り越える!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

チャーロはワンツーをワイルドに振ってフィニッシュを狙う。

そして強引に右を当てて左右フックをガードの上からでも当ててくる。

ハリソンはワンツーから左右フックをガードの外から出してこちらの方が正確。

ハリソンはジャブをボディに出してインサイドに踏み込んでくる。

そして左ボディを差し込んで正確性は極めて高い。

褐色のツイン爆撃機…ジャーメル・チャーロ!

4ラウンド

チャーロはワンツーをボディに出してジャブで顔を弾く。

そして遠い間合いから右ボディを出してこれはなかなか硬い。

ハリソンは頭をつけての打ち合いでうまくボディと左フックを当てる。

チャーロは右ボディ、入り際のフックを当ててパワーはこちらか。

5ラウンド

ハリソンはプレッシャーをかけてきて左右フックを細かく当てる。

チャーロはリターンで左フックを当てるがブロックされる。

チャーロは大きなワンツーを当ててハリソンはジャブをとてもうまく当ててくる。

そして左ボディを当てて正確性では明らかに上回る。

6ラウンド

チャーロはワンツーをボディに出してこれはかなり強い。

ハリソンはプレッシャーをかけて右ボディ、左アッパーを被弾するが右を返す。

ハリソンはジャブを出してチャーロはこれを外せない。

インサイドで左アッパーをチャーロに当てて左フックをガードの外から当てる。

ハードさんハリソンをキャッチ!ジャレット・ハードvs.トニー・ハリソン

7ラウンド

2人は頭をつけての打ち合いとなり、チャーロが左アッパワーを放つ。

ハリソンはしっかりとブロックしてジャブをコツコツ当てる。

そしてワンツーを打ち込んでこれはかなり綺麗。

ハリソンは相打ちのジャブを当ててチャーロにプレッシャーをかけるなどかなりうまい。

チャーロはワイルドな右アッパーを放つがブロックされて少しパンチがオープンだ。

8ラウンド

ハリソンは正確性で勝っておりチャーロはワイルドな右クロスを放つ。

そしてガードの上からワンツーを出して力ずくでくる。

ハリソンはクイックなジャブを相打ちのタイミングで放ってよくパンチも見えている。

チャーロは硬質な左フックを出すがジャブを外せない。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

9ラウンド

チャーロはジャブをトリプルで放って少し焦っている。

ハリソンはしっかりとブロックするが左ボディを被弾する。

ハリソンはワンツーを放ってじりじりと前に出てくる。

さらにインサイドで左ボディを当ててワンツーから返してくる。

チャーロはガードの上からでもワンツーを当ててきてこれは重い。

ハリソンは右をインサイドで打ち下ろしてより正確なパンチを当てて採点はかなり微妙。

巨人の立ち上がりやいかに・・・ジャレット・ハードvs.フランシスコ・サンタナ予想

10ラウンド

チャーロはワンツーを打ち込んで右を強振してくる。

ハリソンはジャブで顔を弾いてこのジャブの精度はすごい。

チャーロは強引にワンツーを出すがクリーンに当てられない。

しかしジャブから右ボディを出して、ハリソンはオーバーハンドの右を当ててトントンになる。

11ラウンド

チャーロはワンツーと見せかけて左フックを当てて動きを止め、ワンツーを出してロープに詰めるがハリソンは両手を広げて効いてないアピール。

チャーロは右ボディを打ち込んでこれはなかなかにして硬質。

ハリソンはジャブを返してプレッシャーを少しかけてくる。

しかしラウンド中盤にチャーロがハリソンの左フックに左フックをカウンターするとハリソンは大きくふらつく!そして追撃の右打ち下ろし、左アッパーでハリソンはダウン!

よく立ったがめっちゃ効いたハリソンは左フックを被弾して下がり、左アッパーからの右でまたダウン!

ハリソンは立ち上がりガードを固めるがワンツーをガードにもらってレフェリーがストップ!ハリソンは不満の中、チャーロが逆転勝ちを収めました!

褐色の破壊神再始動…ジャーメル・チャーロvs.ホルヘ・コタ

所感

3戦目やろ…

いや〜めちゃくちゃ面白かった。ハリソンはストップされるまでリードしてたと思うし、3度ダウンしても僅差判定勝ちかドローにできるぐらいだったから惜しかったな。

チャーロの爆発力がよくわかる試合だったんですけど、ハリソンのスマートさと実力の高さはスーパーウェルター級トップ。ジャブに関してはこの階級随一だな。

この2人の組み合わせならまたやってほしい笑笑。チャーロはルビンとやるかもしれないけどその前にできたら3試合目をやってもらいたいなぁ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

キューバのカウンターアーティスト!エリスランディ・ララ!!

adsense
おすすめの記事