adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年11月7日に行われる予定のWBC世界ライト級タイトルマッチ

王者デビン・ヘイニーvs.ユリオルキス・ガンボアの一戦を予想します!!

ソース画像を表示

ヘイニーさん鮮やかノーダメージで戴冠…デビン・ヘイニーvs.ザウル・アブドゥラエフ試合後のコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はヘイニーの2度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

デビン・ヘイニーについて

ヘイニーは1998年生まれの21歳。アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコの出身で現在はラスベガスにて拠点を置くアメリカの期待する若い王者です。

ここまでのレコードは24勝15KO無敗。リーチは180センチあり身長は173センチ。キャリアの中では地域タイトルとしてWBA.WBCインターナショナル王座やWBOインターコンチネンタル王座を獲得しております。

下してきた相手として1番名の知れているのは2度世界挑戦したファン・カルロス・ブルゴス。長谷川穂積とマイキー・ガルシアにしか負けていないブルゴス相手に判定勝ちしており実力の高さを示しております。

そして9月の試合ではついに世界タイトルマッチ。ザウル・アブドゥラエフとの無敗対決でガンガンジャブと右フックを当てまくるとアブドゥラエフは鼻の骨を骨折。4ラウンド終了後に棄権してヘイニーがKO勝ち。鮮やかにタイトルを獲得しましたな。

さらに2ヶ月も経たないうちに初防衛戦を敢行。ロサンゼルスで無敗のロングマンであるアルフレド・サンティアゴと対戦して肩を痛めてしまったものの5ラウンドにダウンさせてシャットアウトの判定勝ちを収めましたな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えからスタンスを広く取り足を使った相手と大きく間合いを取りながらロングレンジに陣取るタイプ。そして相手のパンチが届かない間合いからワンツーを放り込んできます。

動体視力もかなり良く、相手のジャブにかぶせる右クロスがかなり強烈。これを効かせた後に相手を一気に詰めて攻め落とすことが必勝パターンで最短距離で飛んでくる右フックもかなり強いですな。

ドミニカから勝ちに来ないんかい…デビン・ヘイニーvs.アルフレド・サンティアゴ 試合後のコメントもあり!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ユリオルキス・ガンボアについて

ガンボアは1981年生まれの39歳。キューバのグアンタナモ出身で現在はアメリカのフロリダ州に住んでおります。キューバから亡命してきた選手ですな。

アマチュアではアテネオリンピックでフライ級にて金メダルを獲得。プロではフェザー級でデビューして亡命ごドイツを主戦場にします。そしてそのエキサイティングな左右フックを振り回すスタイルでアメリカでもチャンスを得ましたな。

ここまでの戦績は29勝17KO3敗。フェザー級からライト級までの3階級で王座を獲得しており、敗れたのはパウンド・フォー・パウンドと言われるテレンス・クロフォードとフェザー級コンテンダーのロビンソン・カスティジャノス、ガーボンタ・デービスのみですな。

デービスとの試合ではアキレス腱を断裂しながらも12ラウンドまで粘る経験値の高さとガッツを見せています。苦戦させたものの12ラウンドにストップされてしまいましたな。

キャリアの中でジョナサン・バロス、オルランド・サリド、マイケル・ファレナス、ホルヘ・ソリス、ジェイソン・ソーサ、ダーレイ・ペレス、ダニエル・ポンセ・デレオン、スリータイム王者のローマン・マルティネスを破っており文句なしの一流です。

選手としての特徴はフェザー級時は左右フックを振り回して剛腕で相手をKOするスタイル。スーパーフェザー級、ライト級に上げてからは体格で劣るためか足を使ってアウトボクシングをしながら右を放り込むスタイルとなっています。

しかしこの選手は打たれ弱い。ガードもかなり低めで打ち終わりに下がり、正直ヘイニーパワーのパンチに耐えれるとは思えない。最近では12ラウンド足を使い続けるスタミナも不安視されており少し厳しい試合となりそう。

久しぶりのガンボア大爆発やん…ユリオルキス・ガンボアvs.ローマン・マルティネス

試合予想

今回の予想ですがヘイニーの判定勝ちでいきたいと思います!

多分、ヘイニーは仕留められないと思いますね。ガンボアが近づかれるとクリンチしてきて経験値の高さを見せてヘイニーがやりにくい試合となると思います。

とは言え、ガンボアもポイントを取るには至らない。ヘイニーがポイントの上では圧倒しておりながらも実際の試合は思うように進められない試合になるかなぁ。

ヘイニーは前に出てくる相手にめっぽう強くて、スピードのある相手との接近戦は苦手。アブドゥラエフは得意なタイプで一方的に勝てたけどガンボアは出てこないだろうからな。

おそらくガンボアがやる作戦はカウンター作戦。ヘイニーが出てくるところにジャブを当ててクリンチ。クリンチするとフックをねじ込むなど泥沼のような試合に持ち込むと思います。

ヘイニーからしたらとてもやりにくい試合でおそらく未体験ゾーン。ガンボアのしつこさとやりにくさを堪能して仕留められずにデービスと比べられてしまいそうかな。

でもガンボアが勝てるとは到底思えない。ヘイニーが踏み込んでの右を叩きつけてインサイドでも打ち抜けるパンチを用意してきたらノックアウトの可能性だってある。

ヘイニーも窮地に追い込まれたことはないし、今回の試合ではやりにくさを体験してほしい。ガルシアともやって欲しいけどその前にフォルトゥナをなんとかしたいね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

才能溢れるアメリカのドリーム!デビン・ヘイニー!

adsense
おすすめの記事