adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2018年カリフォルニアで行われたIBF北アメリカライト級王座決定戦10回戦

デビン・ヘイニーVSファン・カルロス・ブルゴスの一戦です!

骨太やのう・・・デビン・ヘイニーvs.ホルヘ・リナレス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はヘイニーの2度目のタイトルマッチ。メイソン・メナードをノックアウトしてUSBAチャンピオンとなったヘイニーはアウトボクサーでスキルのある選手。2015年のユース大会で金メダルを獲得してますな。

ブルゴスはメキシコのベテランコンテンダーで長谷川穂積、ローマン・マルティネス、マイキー・ガルシアとの3度の世界タイトルマッチの経験があるパンチャー。負けた試合は長谷川とマイキーだけですね。

そしてこの試合は開始からヘイニーが優れたスピードでブルゴスを圧倒!ブルゴスは素晴らしい打たれ強さを見せたもののヘイニーの動きにまるでついていけず、ダメージを負い、大差判定でヘイニーが勝ちました!

それではこの試合を振り返ります!

ヘイニーさん鮮やかノーダメージで戴冠…デビン・ヘイニーvs.ザウル・アブドゥラエフ試合後のコメントもあり!

試合経過

1ラウンド

ヘイニーはジャブをついてきてコツコツ当てる。

そしてサイドに回っていき、ブルゴスはボディを打ち込む。

ブルゴスは背が高く、のしのしと前に出てくる。

ヘイニーはジャブをついてきてワンツーを打ち込む。

そしてサイドに回ってフットワークを駆使する。

2ラウンド

ヘイニーはスピードで勝って絶えずサイドへと回って行く。

そしてワンツーを打ち込んでハンドスピードが速い!

ブルゴスはスピードについていけず、ローブに下がる。

ヘイニーはジリジリ出てきてワンツーを浅く当てる。

ブルゴスはガードを固めて前に来るとボディを狙う。

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ヘイニーは左右フックをガードの上から当ててくる。

そしてジャブに合わせてジャブをついてスピードの違いを見せる!

ブルゴスはガードを固めるが動き出しにジャブが飛んでくる。

ヘイニーはジャブをついてとてもハンドスピードがある。

そしてジリジリ出てきてロープに詰めて右のリードを打つ。

スーパービューティフォーなベネズエラのゴールデンボーイ!ホルヘ・リナレス!

4ラウンド

ヘイニーは左フックをリードに使ってロープに押し込む。

そして左フックを伸ばしてきてブルゴスはカウンターのボディ。

しかし下がらされてパワーでも押され気味で苦しい。

ヘイニーはワンツーをロープに追い込んでヒット。

そしてジャブをついてきてボディへと伸ばしてくる。

5ラウンド

ブルゴスはジャブをついてきてガードにワンツーを当てる。

ヘイニーはサイドに回ってスピードのあるジャブをつく。

そしてフットワークを使ったジャブからの右打おろしを当てる。

ブルゴスはボディを狙ってきてジリジリ前に出る。

ヘイニーは下がって出てきたところに右アッパーからの左フック!ブルゴスはフラつく!

6ラウンド

ヘイニーは余裕を見せてきてガードを下げてくる。

そしてジャブをついてきてブルゴスはフックを返す。

しかしヘイニーはサイドに回ってスピードが違いすぎる。

ヘイニーはジャブをボディについてきてすぐにサイドへ。

そして間合いをとってきてブルゴスはついていけない。

ブルゴスさんマイキーをフリーズさせる…マイキー・ガルシアvs.ファン・カルロス・ブルゴス

7ラウンド

ブルゴスは前に出てきたところに右アッパーをヒット!

しかしヘイニーは構わずきてワンツーを打ち込んでくる。

そしてまた間合いをとって左ガードをだらりと下げる。

ヘイニーは出てきたところにジャブを合わせる。

そして肩を押し付けて押し返してアッパーを返す。

8ラウンド

ヘイニーはインサイドでボディを打ち込んでくる。

ブルゴスも左右ボディを打ち込んでパワーはやはりある。

ヘイニーは組みついてくると右ショートを打つ。

ブルゴスはサウスポーに苦し紛れにスイッチしてくる。

ヘイニーは前に来られると右ショートを軽く当てて下がる。

ワンサイドだけど、印象はないな…デビン・ヘイニーvs.ユリオルキス・ガンボア

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ヘイニーはジャブをついてきてガードに当ててくる。

そして動き出しに綺麗にジャブを当てて顔を弾く!

さらにインサイドでアッパーを当てて顔を弾く。

ヘイニーはショートの左右フックを当てて顔を弾く。

ブルゴスはガードを下げてタフさを見せるがかなり危ない。

10ラウンド

ブルゴスは打ち終わりにジャブを返して顔を捉える。

ヘイニーは前に出てきて大きなアッパーを打ち込む。

そしてボディを打ち込んできてプレッシャーをかける。

ヘイニーはジャブをついてきてコツコツ当てる。

そしてホールドしてきて左フックを伸ばしてくる。

判定は100-90が2人、97-93が1人の3-0でヘイニー!

ちなみに僕は100-90でヘイニーでした!

ヒヤヒヤの階級アップ…長谷川穂積vs.ファン・カルロス・ブルゴス

所感

速すぎやん…

これは強いすぎるなと思ったね。ヘイニーのスピードとスキルはこの若さで考えるとスペシャル。なんか早熟な気はするけど相当な才能があるね。

ブルゴスはやはりタフだな。あんなに打たれてかなりまともにもらってたけど普通に立ってたし彼の打たれ強さは普通ではない。でも勝ちには遠かったね。

良い選手であるヘイニーだけど世界タイトルマッチではまだインパクトがない。リナレスをアウトボクシングしてみたとかなら物凄いけどね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

才能溢れるアメリカのドリーム!デビン・ヘイニー!

adsense
おすすめの記事