adsense
adsense
pickup

WBA.WBC世界スーパーミドル級チャンピオンで来週末にWBOチャンピオンのビリー・ジョー・サンダースとの試合を控えてるカネロ・アルバレスさん。前プロモーターのオスカー・デラホーヤとの決裂を説明しておりますな。

カネロのサウスポー対策はばっちりやろ・・・カネロ・アルバレスvs.ビリー・ジョー・サンダース予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"俺はあまり他の人のことを悪く言うことは好きじゃないんだけど、俺はずっと人には忠実に生きてきた。そして俺はゴールデンボーイに対してもとても忠実にやってきたよ。デラホーヤはゴールデンボーイなんかじゃない。彼はゴールデンボーイの中で何もしてないよ。彼は酒を飲んだりしてるし、他のことをやることで頭がいっぱいだ。決断はいつも他の人たちが決めていた。リチャード・シェーファーがゴールデンボーイを抜けた時彼は全てのファイターをPBCに連れて行ったよね。彼は俺のことも連れて行こうとしてたんだけど俺は忠実な人だからゴールデンボーイに残ることを選択した。でもその後でなぜみんながシェーファーと共にゴールデンボーイを去ったのかよくわかったよ。だってゴールデンボーイの人たちは自分たちの利益だけを考えていてボクサーの利益なんて考えてないからね。ゴールデンボーイに忠実な人なんていない。誰もいないし、忠実という言葉を知らない人ばかりだよ。マイアミで俺たちは裁判をしていたけど彼らは嘘ばかりついてたから俺たちが勝てるとわかってた。だから俺たちは勝ったんだけど俺たちは契約書に書いてないこともあってオールスターボクシングに8億円払わないとならなかった。でも俺がコットとの試合をやる前にその話のかたがついたんだ。その時にゴールデンボーイは俺たちではなくて自分たちのことだけを考えてるんだなと想ったね。彼らはゴロフキンとの試合を俺に求めてきたけど俺は訴訟をしていたからできなかった。俺はそのことを取り除かないと動けなかったんだ。ゴールデンボーイはその問題をなんとかしようとはしなかった。だから俺は怒ってたんだ。俺が試合をする回数については確かに合意していたけどゴロフキンとやるのかメイウェザーとやるのかとかの中身は交渉されないとならなかった。だって同じ金額でファイトすることなんてないからね。でもゴールデンボーイは俺たちに何も告げずにDAZNと契約しててゴロフキンとの試合も決めていた。そのことを俺たちには何も言わなかったよ。俺は今ならより金を稼いでるし、だから彼らとの契約を終えたんだ。"

まぁ片方の言い分だけだとわからんな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコのドル箱スター…カネロ・アルバレス!!

adsense
おすすめの記事