adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2020年2月29日にテキサス州で行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

王者カリッド・ヤファイvs.ローマン・ゴンサレスの一戦です!!

ゴンサレスに勝って欲しいのは山々やけど…カリッド・ヤファイvs.ローマン・ゴンサレス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はヤファイの6度目の防衛戦。打ってはすぐにサイドに離れる万能型のヤファイは弾幕も打ち込めるパンチャー。足を使ったボクシングとガードの外から飛ばすフックがなかなか強いですね。

ゴンサレスはニカラグア人初の4階級制覇チャンピオン。止まらない前進とコンビネーションを持ち味としておりシーサケットに負けてからは元気がないですが王座返り咲きをかけてきましたな。

そしてこの試合はゴンサレスとヤファイが頭をつけて撃ち合う白熱の展開に!しかし徐々に回転力で勝るゴンサレスが抜け出して8ラウンドにはヤファイが右打ち下ろしでダウン!9ラウンドに右ストレートで背中から倒すと痛烈なストップとなり、5度目のタイトルを獲得しました!

それではこの試合を振り返ります!

パーフェクトなヤファイ…カリッド・ヤファイvs.ルイス・コンセプシオン

試合経過

1ラウンド

ゴンサレスはプレッシャーをかけてきて頭を振って前に来る。

ヤファイは左ボディ、右の打ち下ろしをあてにくる。

ゴンサレスは左ボディを打ち込んで姿勢を低くして潜り込む。

ヤファイは右打ち下ろしを当ててきてこちらもパンチが切れている。

ゴンサレスはジャブをついてここまでの動きは悪くない。

ただ、ヤファイが前に来るところを見るとパワーは通じてなさそう。

2ラウンド

ゴンサレスはプレッシャーを少し強めてきて手数も増えてくる。

頭をつけての打ち合いとなるがヤファイのパンチもそれなりに重い。

ヤファイはガードを固めてボディを打ち込みそのままクリンチ。

体格の大きさを使うヤファイはローブローとホールドで注意される。

ゴンサレスはアッパーからの右ストレートをコネクトしてヤファイは少し間合いを取る。

ヤファイはジャブからのワンツーを当ててゴンサレスも左ボディを打ち込んでコンビネーションを出してくる。

バーミンガムのサイドムーバー!カリッド・ヤファイ!

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

3ラウンド

ゴンサレスはジャブをついて入り際に右アッパーを狙う。

ヤファイはあまり足を使わず打ち合いに出てくる。

そして右ストレートをコネクトするとゴンサレスは後方に仰け反る!

しかし左右アッパーを打ち込んで止まらないコンビネーションはさすが。

ヤファイは肩を押し付けてサイズの優位性を生かしてボディを打つ。

ヤファイはマウスピースを吐き出してこれが2回目。ブーイングが鳴る。

4ラウンド

ゴンサレスは右アッパーをコネクトして顔を弾く。

そして左ボディからアッパーに繋げてこれはうまい。

ヤファイは回転力では負けているがまともにはもらわない。

ゴンサレスは右オーバーハンドをねじ込んでヤファイは少し間合いを取る。

ヤファイは少し苦しい展開となっており表情に余裕がない。

エストラーダさん地元でグレートファイト…ファン・フランシスコ・エストラーダvs.デウェイン・ビーモン

5ラウンド

ヤファイはまた頭をつけての打ち合いを挑んでくる。

ゴンサレスはガンガンコンビネーションを出してフライ級時代を彷彿とさせる。

そしてジャブで踏み込んでヤファイが下がると追いかける。

ゴンサレスは右ストレートを打ち込んで手数では完全に上回る。

ヤファイは綺麗な左ボディを返して採点はなかなか難しくなる。

6ラウンド

ヤファイは左ボディを打ち込んでゴンサレスもボディを返す。

そしてヤファイは右ストレートの打ち下ろしで飛び込む。

ゴンサレスは右ストレートをコネクトするものの右目尻からカットして流血。

ヤファイはチャンスと見たのか打ち合いでエルボーを押し込む。

ゴンサレスは右ストレートを当ててやはり打ち合いではめちゃくちゃ強い。

ロマゴンさん苦闘の4階級制覇…ローマン・ゴンサレスvs.カルロス・クアドラス

7ラウンド

ゴンサレスはプレッシャーをかけてガンガン出てくる。

ヤファイは足を使い初めてるが右ストレートを被弾してこの辺りは経験か。

ヤファイは左ボディを当ててワンツーを打ち下ろしてくる。

そして打ち下ろした後にエルボーで頭を押さえつけてくる。

ゴンサレスはアッパーを当てて射程圏内だと手数が止まらない。

8ラウンド

ゴンサレスは左フックをダブルで打ち込んでくる。

そして左ボディを打ち込みガードの上でもおかまいなしに打つ。

ヤファイも打ち返すがどうしても回転力では及ばない。

ヤファイはボディを打ち込むもののそのままクリンチされる。

ゴンサレスは左右ボディを決めてだんだんと正確さも増してくる。

そしてラウンド終盤に右アッパー、左ボディ、ストレートでヤファイは下がる!

ゴンサレスはコンビネーションからの打ち下ろしでヤファイはダウン!これは苦しい!

エストラーダさん何気にロマゴンに苦戦を強いる…ローマン・ゴンサレスvs.ファン・フランシスコ・エストラーダ

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

9ラウンド

ゴンサレスは前に出てきてヤファイはフットワークで逃げる。

そしてゴンサレスが右クロスを決めるとヤファイは背中からばったりとダウン!!!!立ち上がろうとしたもののストップとなり、ゴンサレスがついに返り咲きを決めました!

東洋クラスでロマゴンさんには勝てぬわ…ローマン・ゴンサレスvs.ロッキー・フエンテス

所感

やったぜ!!!

ゴンサレスさんここまで強さが戻ってるとは思わなかったなぁ。素晴らしかったと思うし胸がスカッとした。負ける予想なんてしてしまって申し訳ない。

スーパーフライ級でどこまで通用するか、という話になるけど相手によれば通用する。が答えになるかな。エストラーダとの試合がとても楽しみです。

ヤファイはどんまい。これは作戦ミスだったと思うしゴンサレスと打ち合うべきではなかった。フットワークを使って当て逃げしてたら違った結果になったかな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

メキシコのノンストップ男!ファン・フランシスコ・エストラーダ!!

adsense
おすすめの記事