adsense
adsense
pickup

元4階級制覇チャンピオンで先日日本にて復帰戦をクリアしていたローマン・ゴンサレスさん。次の試合は世界タイトルマッチになることを明言しておりますな。

東洋クラスでロマゴンさんには勝てぬわ…ローマン・ゴンサレスvs.ロッキー・フエンテス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロマゴンはミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級でタイトルを獲得したニカラグア初の4階級制覇チャンピオン。そのコンビネーションの凄まじさはさることながらパワーに関しても化け物レベルでしたよね。

ゴンサレスはシーサケット・ソールンビサイとの2連戦に負けてしまってスーパーフライ級でのパワー不足を露呈。しかし本人的にはスーパーフライ級かバンタム級で世界タイトルマッチをやりたいとのことですよね。

"俺たちはニカラグアでトレーニングキャンプをする前に記者会見をするプランがあったんだ。俺の次の試合は世界タイトルマッチになるだろうし、今朝もランニングしてきたよ。対戦する可能性があるのは井岡一翔とカリッド・ヤファイ、ファン・フランシスコ・エストラーダだ。でも俺は世界チャンピオンになってからエストラーダとの統一戦をやりたいね。だってそのような試合なら大きな金が得られるからね。"

エストラーダとのライトフライ級での試合はえげつなかったからな。あの頃から多くの時が過ぎたけどまだいい試合ができるかな。

メキシコのノンストップ男!ファン・フランシスコ・エストラーダ!!

続いてフェザー級コンテンダーのデビッド・オリバー・ジョイスさん。ゴールデンコントラクトトーナメントでレイ・ウッドにノックアウトされましたが、2月1日に元IBFバンタム級チャンピオンのリー・ハスキンスと対戦するそうですな。ハスキンスは岩佐亮佑をノックアウトした選手ですよね。

フェザー級には現在多くのチャンピオンがおりWBAスーパー王者には3階級制覇王者で階級最強とされるレオ・サンタクルス、レギュラー王者には中国期待のシュ・チャン、WBC王者にはセンス抜群のスピードスター、ゲーリー・ラッセル、IBFにはイギリス最強を証明したジョシュ・ワーリントン、WBOは今空位で1026日にシャクール・スティーブンソンとジョエト・ゴンサレスが争い、スティーブンソンが危なげなく判定勝ち。スティーブンソンとワーリントンは2020年の春にイギリスで試合をする方向で話が進んでおります。

"この試合に勝つことで俺が毎日ハードなトレーニングをしていることが報われるし、いたいポジションに帰れる。スーパーバンタム級にまた戻ることになったけど少しの変化だけだね。ハスキンスとバーネットの試合は見たし、他の試合も見てきたよ。彼もサウスポーだし準備を進めてる。"

ハスキンスはなかなか懐かしいな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

今年はメインイベントをして欲しいぜ…ゲーリー・ラッセル・ジュニアvs.タグストグト・ニャンバヤール予想

adsense
おすすめの記事