adsense
adsense
pickup

リオデジャネイロオリンピック銀メダリストでヘビー級トップコンテンダーのジョー・ジョイスさん。ダニエル・デュボアをノックアウトしてからの次戦は4月を予定しているそうで元クルーザー級4団体チャンピオンのオレクサンデル・ウシクとの試合からのWBA.WBO.IBFチャンピオンのアンソニー・ジョシュアVS WBCチャンピオンのタイソン・フューリーの勝者との試合を希望しているとマネージャーが話してますな。

なぜ銀メダリストなのかよくわかったな…ダニエル・デュボアvs.ジョー・ジョイス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ジョイスは35歳であるもののここまで無敗でデュボアとの試合では的確なジャブを当てて目の骨をへし折ってノックアウト勝ち。かなりの番狂わせとして迎えられましたがスキルの高さには前から定評があったな。

"次の試合に関しては4月にジョーは試合を希望してるしそんなに遠い未来ではないよ。ジョーのキャリアを妨げることはしないし彼は4月にファイトする。WBOがウシクとの試合をオーダーしない限りは他の相手とやることになるだろうね。ジョシュアVSフューリーのシチュエーションにもよるよ。俺たちはウォーレンにはクリアに話したけどウシクとの暫定王座決定戦をやってそれからジョシュアとフューリーや勝者と試合をしたい。"

ウシクとやるのは危険なんやけど夢は見たいな。

プットニーのシルバー・ジャガノート!ジョー・ジョイス!

続いてオーストラリアのクルーザー級プロスペクトのリアム・カラナンさん。デビューから10戦無敗をキープしておりコメントしておりますな。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの決勝でユニエル・ドルティコスを下したブリエディスが戴冠。WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"モロニーブラザーズともトレーニングしているしとても良いことだね。毎日強くなれているよ。彼らはトップレベルのファイターだし共にトレーニングしてることで俺も強くなれている。俺たちは良いチームで笑い合えてるしバイブスもとても高いんだ。19の時からトレーナーとトレーニングしてるしな。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

adsense
おすすめの記事