adsense
adsense
pickup

本日ロンドンにて行われたWBAスーパーライト級インターコンチネンタル王座決定戦はルイス・リッツォンが元IBF世界ライト級チャンピオンのミゲール・バスケスに大苦戦した末に僅差判定勝ち。印象を残すことはできませんでしたがコメントが届いておりますな。

パペットマスター再生…ルイス・リッツォンvs.ミゲール・バスケス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

リッツォン"とても接戦になったね。彼はとてもやりにくくて俺も一年間リングに上がってなかったからね。俺は彼によりクリーンなパンチを当てていたけど彼は触るようなパンチを当ててきたね。みんなはどんなふうに採点したかはわからないな。俺はコーナーに戻った時に俺が勝ったと思っていた。コーナーの指示に従えたし俺が勝てたと思ってる。俺は彼が強いことには驚かなかったけどあんなにやりにくいとは思わなかったな。ジャブにイライラするなと言われたけどイライラしたね。触るようにパンチを出してすぐに逃げてしまうからね。でもそれが彼のスタイルだし俺たちはここに勝ちに来ていた。俺はこの試合が終わった後にプログレイスとやりたかったけどその前に試合をやらないとダメだな。少し目を覚まされてしまったよ。みんながどう思ったかは別にして彼は触って逃げ回っていた。俺が勝ちにふさわしいと思う。"

バスケスはやりにくさ満点やからな。

切り替えが大事やな…アーノルド・バルボサvs.アレックス・サウセド

続いてフェザー級コンテンダーのホセ・ハロさん。フィリピンのマーク・マグサヨとの試合を控えておりPBCでの試合に全てを捧げると話してますな。

フェザー級には現在多くのチャンピオンがおりWBAスーパー王者には3階級制覇王者で階級最強とされるレオ・サンタクルスがいたものの彼はスーパーフェザー級へ。レギュラー王者には中国期待のシュ・チャン、WBC王者にはセンス抜群のスピードスター、ゲーリー・ラッセル、IBFにはイギリス最強を証明したジョシュ・ワーリントン、WBOは空位でチャンピオンだったシャクール・スティーブンソンはスーパーフェザー級へとムーブアップ。後継チャンピオンはルーベン・ビジャとエマヌエル・ナバレッテで争われそうですな。サンタクルスはスーパーフェザー級にムーブアップしてしまいましたね。価値はないかもしれないけど。他にもコンテンダーのキッド・ガラハドもいますね。

"エキサイトしている。プロボクサーとして世界チャンピオンになることを夢見ているよ。何がかけられてるのかわかってるしこの試合の話をもらってすぐに受けた。願わくば勝者としてリングを降りて俺の経歴に刻みたいね。子供たちはもう試合をして欲しくなさそうだね。いつもそんなことを話してるよ。"

ほほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

自称パウンド・フォー・パウンドのミスター!ゲーリー・ラッセル・ジュニア!

adsense
おすすめの記事