adsense
adsense
pickup

WBA世界ライト級レギュラーチャンピオンでスーパーフェザー級チャンピオンのガーボンタ・デービスさん。この度6月26日にWBA世界スーパーライト級レギュラーチャンピオンのマリオ・バリオスと対戦しますがこの試合はPPVで行われて料金が70ドルになるそうですな。

無難に3階級制覇かな…マリオ・バリオスvs.ガーボンタ・デービス予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

デービスはガンボアから3度のダウンを奪ってノックアウト勝ち。サウスポーの強打者として君臨しておりここまで無敗ですな。ガンボアからの勝利はキャリアハイの勝利となっており、ものすごい左アッパーを何発も当てておりましたな。

さらにロマチェンコとの試合も望んでいるとのことでこれからの対戦相手がとても楽しみですな。相手が多いこともありますがデービスの今後はビッグネームとの試合になることも予想されてますな。

デービスはガンボアとの試合で初めて12ラウンドまで経験しております。それまでの最長ラウンドは9ラウンドだったのでこれが最も長いラウンドの試合となりましたな。ガンボアを下したデービスはまだ少し荒削りかもしれませんがガンボアを最後に沈めているあたりはスター性をかなり感じてしまいますよね。

メイウェザーさんお抱えのスーパーバッドなタンク!!ガーボンタ・デービス!!

続いて元IBFスーパーウェルター級チャンピオンのカルロス・モリナさん。サム・エギントンとの試合について自分全盛期を迎えてると話してますな。スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノが君臨しています。WBA.IBF、WBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"俺は自分の会社をやりたくて、イングランドでの試合は会社にとっても大きな試合だ。プロモーショナルカンパニーをしてるのは世界タイトルマッチをやりたいからだよ。俺はベストになりたいし、プロモーターとしてもベストになりたい。全てベストになりたいよ。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

インサイドでやってまえ・・・ジュリアン・ウィリアムスvs.ブライアン・メンドサ予想

adsense
おすすめの記事