adsense
adsense
pickup

長年WBCランキングで1位を占めていた暫定チャンピオンのディリアン・ホワイトを痛烈にノックアウトした元WBAチャンピオンでオリンピック金メダリストのアレクサンドル・ポベトキンさん。元4階級制覇チャンピオンでロシア国籍を持つロイ・ジョーンズ・ジュニアがポベトキンの勝ちを絶賛しておりますな。

ビッグファイトが遠のくなぁ…ディリアン・ホワイトvs.アレクサンドル・ポベトキン

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ホワイトはかつてアンソニー・ジョシュアと対戦して2ラウンドにジョシュアをふらつかせたものの7ラウンドにスタミナ切れを起こしてストップ負けで初黒星。そこからリマッチを求め続けているものの相手にされておりませんな。

彼はコンテンダーのデレク・チゾラを2度下しております。リマッチではチゾラを失神させる強烈なノックアウトをしておりますな。他にもWBOヘビー級チャンピオンのジョセフ・パーカーにもダウンさせた末に判定勝ちしており、ヨーロッパチャンピオンのロバート・ヘレニウスも下しておりますな。

"ポベトキンとホワイトの試合は見たけどあれは素晴らしいカムバックだったね。ポベトキンはロシアンのパワーとスピリットを見せてくれた。ファイトにカムバックして勝ったんだ。今回の文化に加われてとても嬉しいよ。"

ジョーンズさんロシア人やからな笑。

ここで負けたらネタキャラやぞ…アレクサンドル・ポベトキンvs.ディリアン・ホワイト2予想

続いてクルーザー級プロスペクトのラシッド・コゾエフさん。ドミトリー・スクホツキーとの試合の準備はできていると話しておりますな。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。WBCタイトルはコンゴのイルンガ・マカブが保持しております。

"俺はできるだけ早く、初回で相手をノックアウトしたいんだ。それならとても良いパフォーマンス言えるしね。ロシアでは歩きの前にファイトのやり方を教わる。ファイトするのが文化だから世界チャンピオンになるのが俺の夢なんだよ。"

ロシアってそんなに怖いところなのか。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ロシアの超合金ファイター!ムラト・ガシエフ!

adsense
おすすめの記事