adsense
adsense
pickup

今週末にラスベガスのコスモポリタンにてタイロン・マクレリーとのスーパーフェザー級デビュー戦を控えている元2階級制覇チャンピオンのカール・フランプトンさん。この試合に勝てば次で世界タイトルマッチをやりたいと話しておりますな。

ボディがキーになるかな…カール・フランプトンvs.テイラー・マクレリー予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

フランプトンは先日にはWBOスーパーフェザー級チャンピオンのジャメル・ヘリングからラブコールを受けるなど人気者。ビッグネームとなりますがスーパーフェザー級ではかなり小さくなってしまいますね。

"俺はこの試合の次に世界タイトルマッチをやりたいよ。、この試合は128ポンドだからフェザー級とスーパーフェザー級の間になるね。だから俺にもオプションを与えてくれる試合になる。どうなったとしてもフェザー級とスーパーフェザー級のチャンピオンとならやるよ。喜んで試合を受けたいね。何人かすでに俺の名前を出してくれてるし、それはかなり気分の良いことだ。俺はまだみんなにビッグファイトを届けられるんだ。俺には多くのファンがいるし、テレビの視聴率もとても良い。だから願わくば次でフェザー級かスーパーフェザー級でタイトルマッチをやりたい。誰とでも俺はやるつもりだよ。"

フランプトンさんはかなり踏み込みも速いしカウンターも優れてるからな。

アイルランドが誇る端正なレンガの拳!カール・フランプトン!

続いてクルーザー級無敗のプロスペクトのムーシン・カーソンさん。11月16日に同じく1度だけ負けているプロスペクトのモンテス・ブラウンと対戦するとのことでコメントが来ています。

クルーザー級は先日大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFはWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得。しかし試合は反則応酬だったのでこの二人はドルティコスを待たせてダイレクトリマッチがオーダー。WBC王座はこの2人の勝者が勝ち取ることになるのかな。

”これは俺にとってステップアップになるしチャレンジを楽しみにしてる。大事なことは俺がグレートなパフォーマンスをすることだ。試合を見に来た人にエキサイティングな試合を見せたい。俺たちはいいパフォーマンスができてるとは思う。ネクストレベルに行けると信じてるよ。”

クルーザー級はいつもなんか地味なんだよね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ドルティコスよスペースを作るのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.マイリス・ブリエディス予想

adsense
おすすめの記事