adsense
adsense
pickup

元WBO世界スーパーミドル級チャンピオンで無敗の2階級制覇チャンピオンであるビリー・ジョー・サンダースさん。カネロ・アルバレスの前に善戦したものの8ラウンドに眼窩底の骨を折られて棄権TKO負け。また試合をするかはわからないと話しており、引退の可能性も否定してませんな。

すまん、マレー。引退したまえ。ビリー・ジョー・サンダースvs.マーティン・マレー

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

サンダースは階級制覇王者でとてもやりにくいサウスポーということで有名。多くの対戦相手が避けるようなディフェンシブなスタイルでカウンターパンチャーなので対戦相手に呼び掛けてもOKする選手があまりおらず、カネロも苦戦させたけど致命的なパンチをもらったな。

キャリアの中ではWBOのミドル級とスーパーミドル級タイトルを獲得。アンディ・リーを激戦の末にダウンさせて破っており後にWBAミドル級暫定王者となるクリス・ユーバンク・ジュニアに僅差判定勝ち。防衛戦ではアルツール・アカボフやウィリー・モンロー・ジュニアにビビるくらいつまらない試合の末に判定勝ち。指名挑戦者の元IBF王者であるデビッド・レミューとの試合では敵地カナダに乗り込んでレミューに何もさせない強さを見せつけておりますな。しかし試合ごとにムラが激しい選手でもあり、アメリカデビューとなったコセレス戦では後半からガス欠しながらも11ラウンドにノックアウトしてます。

いやぁ渡り合えたぞ…カネロ・アルバレスvs.ビリー・ジョー・サンダース

"俺はもう31歳だからこのままトレーニングせずに落ち着いた暮らしに戻って他に好きなことをすることもできるんだ。そして俺はそれをするために十分なほど俺の時間をこれまでボクシングに捧げてきたと思う。このスポーツは俺にとてもよくしてくれたしね。31歳になったけどこのスポーツで大きなダメージを受けてはないし、脳のダメージを受けて立ち直れないわけでもない。日常生活に支障があるわけでもないし落ち着いてオプションを探したいと思う。だってこれからカムバックしてまたベルトをとって世界タイトルマッチをしても子供を養うことにはならないからね。また試合をやるなら正しい試合じゃないとダメだよ。だってカネロとの試合はとてもハードだったしあそこからどこにいくのかって話になる。親父もいろいろ話すから彼とチャットしたよ。カムバックするかはフィフティーフィフティーだし、引退することも考えてるよ。"

まぁ引退しても誰も文句はないね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

スーパースリックなサウスポー!ビリー・ジョー・サンダース!

adsense
おすすめの記事