adsense
adsense
pickup

先日メリーランド州のMGMナショナルハーバーで元WBA世界フェザー級チャンピオンのヘスス・ケジャールを2ラウンドでノックアウトしたドミニカ共和国のハビエル・フォルトゥナさん。試合後にWBC世界ライト級チャンピオンのデビン・ヘイニーとの試合を熱望しておりますな。

モラン戦の再現とはいかなさそう…デビン・ヘイニーvs.アルフレド・サンティアゴ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

フォルトゥナは元WBA世界フェザー級チャンピオンでスーパーフェザー級タイトルも獲得した2階級制覇チャンピオン。強打者として知られておりますがライト級ではIBFチャンピオンだったロバート・イースター・ジュニアに挑んで僅差判定負け。しかしこの試合では優勢だったものの試合前にウェイトオーバーしており、フェザー級時代にも同じことがありましたな。

"ケジャールとの試合ではもっとタフな試合を予期していたんだ。俺はこの試合をとてもアクティブにしたいと思っていたし、みんなが俺に注目するような勝ち方をしたかった。この試合はWBCの指名挑戦者決定戦だ。だから次の試合でヘイニーとやれると思ってるよ。"

ちなみ今回の試合はスーパーフェザー級のウェイトだったのでヘイニーへの指名挑戦者にはなってないと思いますね笑。でもヘイニーとやるならなかなかいい組み合わせになりそうかな。勝てないと思うけどね。

才能溢れるアメリカのドリーム!デビン・ヘイニー!

続いてスーパーウェルター級コンテンダーのジミー・ケリーさん。昨年デニス・ホーガンとのWBO指名挑戦者決定戦に敗れましたがそこからの巻き返しにかけておりグレグ・コーヘンとプロモート契約したことをアナウンスしており、コーヘンとの契約のことと2020年にはビッグファイトを狙うことを話しています。

ケリーはマンチェスター出身。アマチュアではスター選手として活躍しており2019年は世界タイトルに挑戦したいと話しておりましたがまぁこの話は苦しいかな。

ホーガンはスーパーウェルター級トップコンテンダーとして君臨しており同じくプロスペクトとして有名なエリクソン・ルビンがパワーならホーガンはテクニックに優れておりWBO王者のハイメ・ムンギアに敵地のメキシコで挑んで大善戦。正直勝ったと思いましたがホームタウンディシジョンで僅差判定負けとなりましたな。

"俺は自分のことを取り戻すために数試合必要だと思う。そして時がきたらどのチャンピオンにでも挑戦するつもりだよ。でも現実的には2020年に村田かチャーロを狙うことになるだろうな。チャーロと村田は対戦相手を探してるみたいだしね。俺なら彼らにキャリア最大のハードな試合を与えられる。"

アンドラーデさんは?

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

体格差が気になるなぁ・・・ジャーモル・チャーロvs.デニス・ホーガン予想

adsense
おすすめの記事