adsense
adsense
pickup

ドミニカのライト級プロスペクトのミシェル・リベラさん。3月に行われる予定の本WBC世界スーパーミドル級チャンピオンのデビッド・ベナビデスとの試合のアンダーカードに出る予定とのことですな。ちなみにベナビデスはスーパーミドル級での試合で相手は決まってないです。

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

リベラは1998年生まれの22歳。ドミニカ共和国のサント・ドミンゴの出身で現在はアメリカのフロリダ州マイアミでトレーニングをしておりますな。

ここまでのレコードは19勝12KO無敗。アマチュアとしても活躍していたようでSHOWTIMEのバーナーで試合をこなしてきたトッププロスペクトですな。

キャリアの中ではコンテンダーのフィデル・マルドナドを撃破。目立った相手は倒しておりませんがスキルの高さと成長速度の速さでチャンスを掴みましたな。

選手としての特徴は長いリーチからロングレンジに構えてジャブをついてくるボクサー。そして間合いを詰めるとめちゃくちゃ怖いワンツーを振り回してきますな。

この人の良いところはパンチが伸びてくるところと距離感。ジャブをボディについてさらに顔面に返して間合いを取るのがうまい。前に出てアウトボクシングができるタイプですね。

キャンベルさんペドラサ並みの頑張り・・・ワシル・ロマチェンコvs.ルーク・キャンベル

続いてスーパーウェルター級プロスペクトのアーロン・マッキーナさん。イングランドでの試合でストロングに一年を締めたいと話してますな。

スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはパトリック・テイシェイラが引き継ぎ。WBA.IBFWBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。

ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"俺たちには多くのスポンサーがいるから世話を見てくれてる。俺たちのケアをしてくれる食べ物のスポンサーやコンディショニングコーチがいるからね。だからホームにはなんでもあるんだよ。でもアメリカでまたローチとトレーニングするのを楽しみにしてる。こんなに長い一年の中でファイトでしてハッピーな気持ちだね。"

なかなかやる。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

デトロイトを守るスーパー・バッド!トニー・ハリソン!

adsense
おすすめの記事