adsense
adsense
pickup

かつてIBF世界ミドル級指名挑戦者としてWBA.WBC.IBF世界ミドル級チャンピオンで当時の絶対チャンピオンだったゲンナジー・ゴロフキンに挑んだものの2ラウンドノックアウト負けでなすすべもなく蹴散らされたドミニク・ウェイドさん。この度メリーランド州でレイプ事件を起こして逮捕されてしまいましたな。

golovkin-wade (3)

ウェイドさん蹴散らされる…ゲンナジー・ゴロフキンvs.ドミニク・ウェイド

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ウェイドは今裁判にかけられておりますが最大ではなんと20年の懲役になる可能性があるとのことです。事件は7月23日に起きたとのことで被害者の方にはウェイドから接近したとのことですな。これからはヒアリングなどがなされて今後罪が決定していくとのことです。

ゴロフキンとの試合では圧倒的なパワーの差で押し込まれてしまい、ウェイドは指名挑戦者でありながら試合前から大きなアンダードッグとなっておりました。試合の中でもゴロフキンのプレッシャーの前に何もすることができずにダウンさせられてばったりと倒れてしまい、2ラウンドにストップされておりますな。

その後はリングの上で目立ったレコードは残せておりません。2月にノックアウト勝ちをしているもののあまり目立つような存在でもないため今後の世界もダメだろうな。

まぁこんな事件は最低だな。

ミドル級に降臨した戦いの神…ゲンナジー・ゴロフキン!

続いてイングランドのフライ級プロスペクトのホーピー・プライスさん。無観客試合にてジョニー・フィリップスを判定で下しており、試合後のコメントが来ています。ちなみにここまで無敗でファイトキャンプのカードですな。

フライ級にはWBCのフリオ・セサール・マルティネスやIBFのモルティ・ムザラネ、WBAのアーテム・ダラキアン、WBOの田中恒成となかなかな曲者揃いで早期の世界タイトル挑戦は待ちそうな雰囲気。マルティネスぐらいしかアクティブなチャンピオンはいないかもしれないな。田中は王座をこの間返上しておりスーパーフライ級に年末にも世界タイトルマッチを迎えそうな雰囲気ですよね。

マルティネスは2月に試合をして、ダラキアンも試合を2月に試合をして判定勝ち。ムザラネは八重樫東を下したばかりでWBOは4月に決定戦になりますね。ちなみに田中恒成は井岡一翔のスーパーフライ級タイトルを狙ってます。

"うまくパフォーマンスできたと思う。もっとリスクをとっても良かったけど彼は頭からスイングしてきていたからね。このスポーツではワンパンチが当てられてしまったら全てのプランが崩れてしまうからね。俺は少し大人になってカームダウンしたんだ。俺はまだ若いからトレーナーの言うことをよく聞いてる。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

これは打ち合いになるぞ…フリオ・セサール・マルティネスvs.マクウィリアムス・アローヨ予想

adsense
おすすめの記事