adsense
adsense
pickup

元WBC世界スーパーミドル級チャンピオンでツータイムチャンピオンのアンソニー・ディレルさん。カイロン・デービスとの試合で引き分けましたがデービスのトレーナーがこのことを語ってますな。

流血のディレルと書いて漢と読む…デビッド・ベナビデスvs.アンソニー・ディレル 試合後のコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

オリンピック銅メダリストのアンドレを兄に持つディレルはレペゼンフリントのハードパンチャー。地元の治安の悪さを変えるためにいろいろな活動をしていることでも知られておりますな。

残念ながら初防衛戦にはどちらも成功していないのですが、負けている相手は後に2階級制覇チャンピオンとなるバドゥ・ジャックと無敗の若手の元チャンピオンであるデビッド・ベナビデス。どちらとも激戦を演じており、実力の高さを見せております。

キャリアの中ではカメルーンのタフなコンテンダーのサキオ・ビカを初戦は引き分けたもののリマッチで下してタイトルを獲得。2度目のタイトルはコンテンダーのアブニ・イルディリムを激戦の末に下して決定戦で獲得。後にIBFチャンピオンとなるカレブ・トゥルーアックスを初回でノックアウトしてますな。

ベナビデスとの激戦を9ラウンドストップ負けで落としておりますがおびただしい目の上の出血から立ち続けて猛攻に耐えて打ち返す姿はまさに闘犬。ガッツを見せてタオル投入されたもののタフさも見せましたな。

闘犬が反則まがいのビカと熱戦…サキオ・ビカvs.アンソニー・ディレル1

"カイロンはよくファイトしたと思うよ。1ヶ月前に試合をやると言われたんだけどチャンスに飛びついたんだ。これはデービスの初めての大きなステージでの試合でディレルのような強い相手との試合だったからデービスのことを誇りに思う。彼はディレルにとってやりやすいファイトスタイルではなかったみたいだね。ボクシングにはレベルがあって、ディレルが元チャンピオンなのには理由があるよ。でも俺はデービスがやれることをわかっていた。試合には勝てなかったけどパフォーマンスは良かったよ。デービスが勝ったことなら知ってるよ。みんな口には出さないけど知ってるし、レコードにも残るよ。ディレルのチームはがっかりしてたみたいだけどね。タフな試合だったけど接戦でデービスが勝ったと思う。パトリック・デイには負けたことをデービスには正直に話したよ。スーパーウェルター級では筋肉がつきすぎてあまりにもストロングだからそのことが影響していたね。俺は今回は勝ったと思ったからそう言ったよ。"

ディレルさん不覚やね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

噛みつきまくるフリントの闘犬!アンソニー・ディレル!

adsense
おすすめの記事