adsense
adsense
pickup

元WBA.IBF世界スーパーバンタム級チャンピオンで1月にマイアミにてムロジョン・アクマダリエフとの試合で僅差判定負けを喫して王座陥落したダニエル・ローマンさん。PBCと契約しており9月26日にフェザー級指名挑戦者決定戦でコネチカット州にて復帰するようですな。相手はまだ決まってないようです。

アクマダリエフさん接戦の末ウズベキスタンの歴史に名を刻む…ダニエル・ローマンvs.ムロジョン・アクマダリエフ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ちなみにアクマダリエフにはIBF暫定チャンピオンの岩佐亮佑がおりますのでローマンとのリマッチの前の試合にはおそらく岩佐との試合になると思われますな。岩佐はツータイムチャンピオンの実力者なので楽な試合にはならないと思います。

ローマンは日本で久保隼をノックアウトしてWBAタイトルを獲得。松本亮を判定で下して日本で2度試合をしているわけですな。その後は元WBA暫定チャンピオンのモイレス・フローレス、ジェイミー・マクドネルの弟のギャビン・マクドネルを下して防衛に成功しております。

そして昨年4月には地元のロサンゼルスでIBFチャンピオンのTJ・ドヘニーをダウンさせて判定勝ち。統一チャンピオンとなりましたがそのスタイルが地味なせいかメインイベントになりませんな笑。

ローマンはアクマダリエフの試合では前半振り回してくるアクマダリエフの前にポイントをロス。後半巻き返したものの結果的には前半のロスが完全に勝敗を分けてしまったかな。

地味〜に頑張る木こり職人!ダニエル・ローマン!

続いてスーパーフライ級プロスペクトでリバプールのスターであるマーセル・ブレイスワイトさん。MTKグローバルと契約したとのことですな。

スーパーフライ級は日本で言うとWBO王者に日本人初の4階級制覇王者の井岡一翔が君臨しておりWBCには2階級制覇王者でスーパーフライ級最強とされていたシーサケット・ソールンビサイを破ったファン・フランシスコ・エストラーダが君臨しています。さらにIBFには長期政権を築いているフィリピンのヘルウィン・アンカハスがおりWBAにはこれまた長期政権の元オリンピアンであるカル・ヤファイが君臨していましたな。

このうちのヤファイとエストラーダが統一戦が期待されておりましたが彼はローマン・ゴンサレスにノックアウト負け。ゴンサレスが復権しておりますな。ゴンサレスのターゲットは井岡一翔とエストラーダと見られます。

"俺のキャリアのこのポイントでMTKグローバルと契約できてとても嬉しく思ってるよ。特にこのような世界のシチュエーションにおいてね。MTKグローバルは考えうる中でベストなマネジメントカンパニーだと思う。MTKグローバルにはフューリーとかテイラーとかサンダースがいる。だからそのチームに加われて嬉しいね。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

意地の張り合いやな…井岡一翔vs.田中恒成予想

adsense
おすすめの記事