adsense
adsense
pickup

IBF世界ライト級指名挑戦者のジョージ・カンボサス・ジュニアさん。アメリカにてWBO.WBC.WBA.IBFチャンピオンのテオフィモ・ロペスとの試合が行われそうですがテオフィモのことを恥さらしにしてやると息巻いておりますな。

役者が違うかなぁ…テオフィモ・ロペスvs.ジョージ・カンボサス・ジュニア予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カンボサスはここまで無敗のオーストラリア人でギリシャ系のアウトボクサー。アメリカでは元IBFチャンピオンのミッキー・ベイを下しており前の試合ではイングランドに乗り込んで元IBFフェザー級チャンピオンのリー・セルビーを僅差判定で下してテオフィモとの試合のチャンスを掴みましたな。

"みんなテオフィモを相手にして真正面から打ち合いに行くなんて思ってないよね。でもみんなが言ってるテオフィモが成し遂げてきたことなんて俺は気にしてないよ。俺にはわからないけどみんな彼のことを恐れていたよね。彼は若くて23歳のガキだよ。俺は誰のことも恐れてなんていない。ロマチェンコがテオフィモとの試合で試合の後半にやっていたことを見たよ。俺はより大きくてストロングで早くてバイオレントで爆発的だ。テオフィモが世界にショックを与えたように俺が彼のことを世界の恥さらしにしてやるよ。"

テオフィモとカンボサスではパワーに差があるかなと思うね。

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

続いてミドル級コンテンダーのジョン・ベラさん。コンテンダーのクレオティス・パンデルビスとの試合をUFCファイトパスにてアナウンスしておりますな。

ミドル級ではWBO王者に無敗の2階級制覇王者のデメトリアス・アンドラーデがおり元王者のゲンナジー・ゴロフキンも虎視眈眈と返り咲きのチャンスを狙っておりIBFベルトをセルゲイ・デレビヤンチェンコと争ってゴロフキンがダウンを初回に奪って2ラウンドには偶然のバッティングでデレビヤンチェンコが目の上をカットして流血するなどしたもののデレビヤンチェンコは5ラウンドにボディで効かせてコンビネーションを打ち込んで接戦に。ゴロフキンが僅差判定勝ちを収めておりますな。ちなみにゴロフキンは次の試合では指名戦をクリアしておりカネロは戻ってこず、WBAスーパーチャンピオンには村田諒太が就きましたな以下はプロモーターのコメントです。

"ベラがベテランのパンデルビスとの試合をやる試合がメインイベントになるよ。ジョンはこのウェイトのトップに行こうとしてるけどコロナウイルスに邪魔されてしまっていたね。でも俺たちはこの試合が彼のスペシャルなジャーニーの始まりだと信じているよ。"

ベラさんはなんか名前聞いたことある。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ブーブーにしてやられるが良い…デメトリアス・アンドラーデvs.リアム・ウィリアムス予想

adsense
おすすめの記事