adsense
adsense
pickup

ミドル級コンテンダーでウクライナの元トップアマのセルゲイ・デレビヤンチェンコさん。WBC世界ミドル級チャンピオンで無敗のジャーモル・チャーロへの挑戦が決まってますがチャーロとの試合に向けて全てを準備してると話しておりますな。

ゴロフキンさん苦闘も王座復帰…ゲンナジー・ゴロフキンvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ 試合後のコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

チャーロはミドル級でも屈指のフィジカルを持つパワーパンチャー。相手にプレッシャーをかけてロングレンジからワンツーを打ち込むスタイルで、右ストレートと返しの左フックが特に強いですね。パンチがまともに当たればミドル級の誰でもノックアウトできる強さは確かにあります。

しかしチャンピオンになってからはやたらと苦戦が続いており、昨年末のマット・コロボフとの試合ではスーパーウェルター級時代のオースティン・トラウトとの試合のようにサウスポーが苦手なことを露呈。大苦戦してしまいましたな。2度目の防衛戦のブランドン・アダムスとの試合ではプレッシャーをかけてくるアダムスの前に四苦八苦。右拳を痛めてしまっていたそうですが、アダムスのフックを食らってふらつくなどあまりよろしいパフォーマンスはできてませんな。前に倒したホーガンはスーパーウェルター級を主戦場としておりますのでこの相手にはかなり体格差のある試合となりましたな。最近では暴行事件の容疑者になるなど不安定な部分も見せております。

チャーロが力任せにいけば…ジャーモル・チャーロvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ予想

"俺のコーチは負けた時もベルトを巻けばなんでもできるから泣くなと話してきたよ。俺みたいに接戦で負けた選手は何人も見てきたから俺はただ自分のミスを直すようにしている。このような試合が終わった後はジムにカムバックして間違いを正すんだ。そして俺はいつも前よりもより良くなろうとしている。もちろん相手はいつもスタイルが違うからそれぞれに合わせてトレーニングしてるよ。ゴロフキンとの試合の後はゆっくりと休めたよ。一年ほど休まないといけなかったんだと思う。半年間しっかり休めたしチャーロとの試合に向けて準備もできているよ。ニューヨークにいるけど時々ウクライナにも帰ってた。あそこに家族がいるからリラックスできるんだ。チャーロとの試合に向けてはもう全てを準備している。12ラウンドも必要ないと思うけど必要ならそれも準備してるよ。"

デレビヤンチェンコが前にどこまで来れるかな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

東欧の流れを汲むミドルのテクニシャン!セルゲイ・デレビヤンチェンコ!

adsense
おすすめの記事