adsense
adsense
pickup

トップランクのCEOであるボブ・アラムさん。明日ついにラスベガスで行われるWBO.WBC.WBA世界ライト級チャンピオンのワシル・ロマチェンコとIBFチャンピオンのテオフィモ・ロペスとの試合はボクシングで実現できる中で最高のカードだと話しておりますな。

ロマチェンコなら楽勝やろ( ̄ー ̄)…ファ!?((((;゚Д゚)))))))ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロマチェンコはロンドンオリンピック、北京オリンピックの二連覇を話しているウクライナの天才ボクサー。フェザー級、スーパーフェザー級、ライト級でタイトルを獲得した3階級制覇チャンピオンであり、この試合に勝てば史上初のライト級での4団体統一チャンピオンとなりますな。

テオフィモはリオデジャネイロオリンピックのホンジュラス代表でハードパンチャー。傲岸不遜なコメントを繰り返しており、ロマチェンコとの試合を望んでいたことからかなり期待されておりますな。

"ロマチェンコvs.テオフィモはボクシングで実現できる最高のカードだ。そしてファンのみんなに追加料金なしでこの試合を届けられて嬉しいね。テオフィモとロマチェンコがこの試合を望んだし、俺たちも実現できて嬉しいね。ロマチェンコはプロになってからチャレンジから逃げたことなんてないんだ。現代ボクシングのクラシックになるよ。"

この試合はよく実現してくれたよね。

ウクライナの最高傑作にして超精密なハイテク!!ワシル・ロマチェンコ!

続いてクルーザーコンテンダーのスティーブン・ウォードさん。クルーザーのウェイトでジョーン・ボラウとMTKのカードで試合をするようですな。

クルーザー級は先日大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。以下はマネージャーのコメントです。

"ボラウはこの試合に向けてとてもモチベーションを得ている。だからウォードにとってデンジャラスなチャレンジになるよ。クルーザー級デビューは前から期待されていたからね。MTKのグレートなイベントになるよ。多くのファンが見ることになる"

ほほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

グロワッキはリスキーやな…ローレンス・オコリーvs.クリシュトフ・グロワッキ予想

adsense
おすすめの記事