adsense
adsense
pickup

先日ラスベガスにてワシル・ロマチェンコを破ってWBO.WBA.WBC.IBF世界ライト級チャンピオンで史上最年少での4団体統一を成し遂げたテオフィモ・ロペスさん。彼について元2階級制覇チャンピオンのティモシー・ブラッドリーがテオフィモを見ていると若い時の4階級制覇チャンピオンのロイ・ジョーンズ・ジュニアを思い出すと話しておりますな。

ロマチェンコなら楽勝やろ( ̄ー ̄)…ファ!?((((;゚Д゚)))))))ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"俺は彼がただのパンチャーじゃなくてもっとゲームプランをしっかり遂行できる奴だと知っていたよ。彼には卓越したタイミングがある。彼の前半でのペースの取り方と間合いの取り方はとても好きだね。彼があそこのリングでボスであることを示していた。テオフィモはすべてのラウンドで全ての瞬間をファイトしていた。それはロマチェンコの計算を狂わせただけではない。彼はとても苛ついているように見えたよ。タイミングとスピードの問題だ。ロマチェンコはテオフィモがあんなに速いと理解していなかったと思うよ。テオフィモはストロングでより大きいだけではなくてより速くてストロングだった。ロマチェンコは少しペースを上げるのが遅すぎたね。7ラウンドから出てきて8ラウンドからはコントロールしていたよ。でもその時までにはテオフィモがとても大きなリードを持っていたね。多くのファイターはロマチェンコと試合をしたら彼のやり方にとても圧倒されてしまうんだ。ロマチェンコは彼らのことを見つけ出して泥沼に引き摺り込んでくるからね。そして後半にかけて相手をフィニッシュさせてゆくんだ。ポジショニングがそのような試合でのキーなんだけどテオフィモはその罠にははまらなかった。彼は落ち着いて間合いを取ってジャブを放っていたよ。それがロマチェンコのオフェンスを別々にしてしまったんだ。12ラウンドが試合を決めたラウンドだったと思う。あのラウンドをとったテオフィモが勝利したよ。ロマチェンコはテオフィモが少し落ちてきてると感じていた。10ラウンドと11ラウンドは失速してたけどテオフィモは落ち着いていたね。テオフィモはとても印象を与えてくれた。彼がスペシャルなのは知っていたけど土曜の夜で彼はスーパースターになったよ。スーパースターは他のスターとは少しちがうことをするんだ。彼のスタミナとパワーとスピード、タイミング、自信は素晴らしいね。彼のスピードとタイミング、フレキシビリティーを見ていると若い時のジョーンズを思い出すね。俺が大好きなレジェンドの1人のボクサーだよ。"

テオフィモさんブラッドリーにここまで言わせるか。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

傲岸不遜なホンジュラスのニューヨーカー!テオフィモ・ロペス!

adsense
おすすめの記事