adsense
adsense
pickup

メキシカン初の3階級制覇チャンピオンでレジェンドであるフリオ・セサール・チャベスさん。息子さんの元WBCミドル級チャンピオンのフリオ・セサール・チャベス・ジュニアと4階級制覇チャンピオンのカネロ・アルバレスの間には大きな差ができてしまいましたがこの2人のことを語っておりますな。

お主は何をしに来たのだ…カネロ・アルバレスvs.フリオ・セサール・チャベス・ジュニア

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

カネロはスーパーウェルター級、ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級でタイトルを獲得してスーパーファイトを何度も行っているスーパースター。チャベス・ジュニアとは試合をしており、この時はフルマークの判定勝ちでけちょんけちょんにしておりますな。チャベスはビッグネームであるもののウェイトオーバーを繰り返して素行の悪さもあり、あまり良いキャリアを送れてませんな。

"息子はみんなが見たくなくてもボクシングの才能がある。やる気がないならどんなスポーツでも大成しない。フリオはとてもよくやってたけど多くの金を稼ぎ初めて俺と比べてやる気を保てなくなった。彼はうまくやってたからこそ世界チャンピオンになれたんだ。カネロはとても良いファイターだし求めたこと全てをやってるわけじゃないけどグレートだ。彼は規律が良くできてるからそこが成功するボクサーの基礎なんだよ。"

チャベスはアホやからな。

伝説の続きのドラ息子!フリオ・セサール・チャベス・ジュニア!

続いてスーパーバンタム級プロスペクトで無敗のアマチュアトップであるシャバス・マスードさん。MTKグローバルとのマネジメント契約をアナウンスしましたな。

スーパーバンタム級はかなり谷間の階級となっており、WBA.IBF統一チャンピオンだったダニエル・ローマンがTJ・ドヘニーを下してIBFタイトルを吸収したから一歩リードのはずなのになんだかboxrecでは評価が3しかもアクマダリエフに負けちゃいましたな、WBCチャンピオンのレイ・バルガスはリーチ179センチを誇るロングマンですが試合がつまらない上にドーピング疑惑もある選手。WBOのエマヌエル・ナバレッテはナンバーワンの評価を得ていますが知名度的にはまだまだで、フェザー級にあげる日も遠くないですね。WBAレギュラーチャンピオンのブランドン・フィゲロアはイケメンでなかなか華のある選手と言えるかもな。ちなみにIBF暫定チャンピオンは岩佐亮佑です。以下はトレーナーのベン・デービソンのコメントです。

"シャバスのことはいつも見ていて印象的だったんだ。MTKもグレートな会社だし、シャバスのポテンシャルを開花させられる。エキサイティングな時が目の前に広がっていると思うね。"

デービソンさん寂しそうやしな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

亀田の敵討ちは間合いがすべて・・・レイ・バルガスvs.エマヌエル・ロドリゲス予想

adsense
おすすめの記事