adsense
adsense
pickup

WBA.IBF世界スーパーウェルター級統一チャンピオンのジェイソン・ロサリオさん今月末にWBCチャンピオンのジャーメル・チャーロとの試合を控えておりますがチャーロは前回下した前チャンピオンのジュリアン・ウィリアムスよりも間違いなく強いとしており、この試合に向けては違う準備をしてきたと話しておりますな。

目が離せない試合になるぞ…ジャーメル・チャーロvs.ジェイソン・ロサリオ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"ウィリアムスとチャーロは違うファイターだよ。ウィリアムスに関してはよりスピードがあると思う。でもチャーロは間違いなくウィリアムスよりも強いよ。だから今回チャーロと試合をするに当たってウィリアムスの時とは違う準備をしている。俺はファイターのことを悪くいうつもりはない。ウィリアムスはグレートなファイターだった。もちろん彼は俺と試合をする前はこの階級でナンバーワンと見られていたしね。今はチャーロがそう思われてるし、どちらと試合をしてもメリットがあるんだ。だから俺はどちらが優れたファイターだとかはいうつもりはないよ。でも今この瞬間はチャーロがスーパーウェルター級でベストだと思われているよね。"

ロサリオの場合はタイミングがなかなか良いからな。チャーロと比べると間合いの取り方とかに色々と難点がありそうやけど力でどこまで対抗できるのか見ものかもね。

ドミニカの破壊者!ジェイソン・ロサリオ!

続いてクルーザー級コンテンダーのビラム・スミスさん。 ネイサン・ソルリーに勝利してこれからはどんな相手とでも試合をするそうです。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの準決勝でアンドリュー・タビチをKOしたユニエル・ドルティコス、WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。WBCタイトルはコンゴのイルンガ・マカブが保持しております。以下はトレーナーのコメントです。

"ビラムはスタートダッシュしたね。ネイサンのゲームプランは後半に出てくることだったんだと思う。ビラムは前半から出てすぐに彼のことを痛めつけた。フィジカルのサイズとパワーで相手を潰してしまったよね。"

パワーは大事や。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ドルティコスよスペースを作るのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.マイリス・ブリエディス予想

adsense
おすすめの記事