adsense
adsense
pickup

本日イングランドにて行われたWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチはチャンピオンのドミトリー・ビボルがクレイグ・リチャーズに苦戦しながらもしっかりと判定勝ち。試合後のコメントが来ておりますな。

シュトルム寄りかな…ドミトリー・ビボルvs.クレイグ・リチャーズ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はビボルの9度目の防衛戦。ビボルはここまで無敗のボクサーで韓国系ロシア人。鋭いワンツーを駆使するスタイルでジャン・パスカルなどを下しており、1年半ぶりの試合となりますな。

リチャーズは英国チャンピオンで今回が世界初挑戦となる身体能力の高いコンテンダー。前の試合でチャンピオンだったシャカン・ピッターズを痛烈にストップしており、勢いそのままにチャンスを迎えましたな。

そしてこの試合はビボルがスピードに勝り、ジャブとワンツーを駆使して前半をリード!しかしリチャーズは終盤からボディを混ぜた攻撃で反撃し、ビボルはスローダウン!判定はビボルが逃げ切りましたがリチャーズが爪痕を残す形になりました!

ビボル"まずはありがとう。試合はリチャーズがとてもタフで彼が試合を考えて組み立てたからとてもタフだった。俺も1年半ぶりの試合だったけどそれは良いことだった。パフォーマンスは悪くなかったよ。スミスやベテルビエフ、カネロ、サンダースとの試合をやりたいよ。俺はどんな相手との試合でもオープンだ。トップ10のファイターなら誰でも構わないよ。”

悪くない試合やったで。

コリアの血を引くワンツーパンチャー!ドミトリー・ビボル!

続いてスーパーミドル級コンテンダーのマービン・コルドバさん。より高いウェイトでより大きなチャンスを探していきたいと話しておりますな。

スーパーミドル級ではPBC系のファイターとしてWBC王者でツータイム王者のアンソニー・ディレルを破ったデビッド・ベナビデスがウェイトオーバーでタイトルを剥奪。指名挑戦者にはアブニ・イルディリムが座っておりカネロ・アルバレスと試合をする可能性もありますな。IBFにはビンセント・フェイジェンバッツをノックアウトしたカレブ・プラントが君臨。かなりディフェンス力の高いボクサータイプで、地元のナッシュビルで指名挑戦者のフェイジェンバッツをストップしておりますな。

他にもカネロに敗れた元キングのWBAスーパー王者のカラム・スミスは暫定王者のジョン・ライダー王座統一戦をリバプールで行って大苦戦してましたな。

"俺のゴールはタイトルを取ってより多くの金を得ることだ。負ける理由なんてないよ。俺たちがハードにトレーニングしている限りはどんなことが起きたとしても何も不思議なことなんてない。ハードワークをすることで全ての物事はイージーワークになることがあるからね。サンダースやカネロとの試合を俺はやりたいんだ。"

なかなかやる。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

包括的にベナビデス優位かな…デビッド・ベナビデスvs.ホセ・ウスカテギ予想

adsense
おすすめの記事