adsense
adsense
pickup

元6階級制覇チャンピオンのオスカー・デラホーヤさん。かつて元5階級制覇チャンピオンのフロイド・メイウェザー・ジュニアと当時最大のファイトマネーとなったビッグファイトの末僅差判定負けしましたが、この試合の前までトレーナーとして雇っていたメイウェザー・シニアはメイウェザーを倒すためにトレーニングをしようとしていたと話してますな。

天才メイウェザーがコラレスを蹂躙!! フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.ディエゴ・コラレス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

メイウェザーはスーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級で世界タイトルを獲得している5階級制覇チャンピオンで無敗のまま引退しているレジェンド。世界で最も稼いだ歴代ボクサーとしても有名ですな。

キャリアの中では主要4団体のベルトを獲得するグランドスラムを達成しておりWBCにおいて5階級制覇を成し遂げる史上初の快挙。マニー・パッキャオとの試合において稼いだファイトマネーは200億以上とされており多くのファイターに夢を与える存在でもありますね。

"彼の親父がメイウェザーを倒そうとしてたのは事実だよ。俺たちは金の面で合意できなくてプランはそれたんだけどね。でもメイウェザー・シニアは息子を倒すために俺とトレーニングしようとしていたよ。なんでメイウェザーをトレーナーにしてたかわかるかい?彼は自分の言ったことをやらないと怒るんだ。他のことをやりたいと言ったら出ていくからね。俺は彼をリスペクトしてたからトレーニングしてた。"

メイウェザーの親父も変わってるからな。

ゴールデンボーイとプリティボーイのスター対決…フロイド・メイウェザーvs.オスカー・デラホーヤ

続いて無敗のスーパーライト級プロスペクトのマキアンウィリアムスさん。コロナウイルスの影響で試合ができないですが50%から60%のシェイプは作っておくと話しておりますな。

スーパーライト級はWBO.WBC統一王者にホセ・ラミレスが君臨しておりIBF王者のジョシュ・テイラーとWBA王者のレジス・プログレイスの2人は1026日のWBSSトーナメントの決勝で激突してテイラーが僅差判定勝ちで王座統一。この3人は全員無敗でWBAレギュラー王座決定戦にはマリオ・バリオスとバトイー・アクメドフの試合が928日に決まっておりバリオスが何とか判定勝ち。ダイレクトリマッチとなっておりなかなかに熱い階級になっておりますな。ちなみにラミレスさんはWBC指名挑戦者で元王者のビクトール・ポストルと対戦しそうな雰囲気でその後にWBO指名挑戦者のジャック・カタオールが控えてる感じですね。

"マイキーがまだランニングしてるのは知ってる。俺たちもすぐにトレーニングに戻るつもりだよ。全てのことが起こるのには理由があるんだ。俺はチームとコンタクトを取っていて状況はよく確認してるようにしてるよ。きっと俺はすぐにアクションに戻ることになると思うんだ。"

長くなりそうやけどね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

長いリーチのE・バニー!ロバート・イースター・ジュニア!

adsense
おすすめの記事