adsense
adsense
pickup

こんにちは管理人です。

今日は2019年12月14日に行われる予定のWBC.WBA世界スーパーフライ級王座統一戦

WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダvs.カル・ヤファイの一戦を予想します!!

4階級を制した間合いの達人!井岡一翔!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はエストラーダの2度目の防衛戦、ヤファイの6度目の防衛戦ですね!

両者の紹介

ファン・フランシスコ・エストラーダについて

エストラーダは1990年生まれの29歳。メキシコのソノラ州出身で今回の試合はホームカミングバウトとなります。シーサケットに勝った後はヒーローとなっておりますな。

ここまでのレコードは40勝27KO3敗。キャリアの中での3つの敗北は後にスーパーフライ級王者となるファン・カルロス・サンチェス・ジュニアと4階級制覇王者のローマン・ゴンサレス、ゴンサレスを破ったシーサケット・ソールンビサイと全て王者クラスの強敵ばかりですな。

これまでのキャリアではWBA.WBOフライ級タイトルを獲得。スーパーフライ級タイトルを獲得したことで2階級制覇を達成しておりパウンド・フォー・パウンドの議論にも入っています。

勝って来た相手としてはフライ級で4団体のタイトルを獲得したブライアン・ビロリア、元フライ級王者のエルナン・マルケス、かつて敗れたファン・カルロス・サンチェス・ジュニア、後にIBFライトフライ級王者となるミラン・メリンド、元ライトフライ級統一王者のジョバンニ・セグラ、元スーパーフライ級王者のカルロス・クアドラス、スーパーフライ級トップコンテンダーのフェリペ・オルクタ、パウンド・フォー・パウンドの1人とされたシーサケット・ソールンビサイ、前回の防衛戦では地元のソノラ州でデウェイン・ビーモンをスタミナ切れさせて見事な9ラウンドTKO勝ちで勝ちを収めておりますな。

身長163センチとこのクラスではかなり小柄。しかし敗れたシーサケット戦もかなり接戦でゴンサレスにも判定負けしてますがかなりの激闘で肉薄してましたな。

選手としての特徴はオーソドックスの構えからガードを高く上げて相手と間合いを詰めて射程距離に入るとコンビネーションを放って下がるアウトボクサータイプ。豊富なスタミナと運動量が売りで打ち終わりに同じ場所にいることがないですね。

特別なセンスもパワーもないもののタイミングの良い右カウンターと必ず打ち返す手数の多さ、単発ではなくコンビネーションで返すところがジャッジの目を引きます。相手のパンチをまともにもらわない目の良さもありますな。

エストラーダさん地元でグレートファイト…ファン・フランシスコ・エストラーダvs.デウェイン・ビーモン

カル・ヤファイについて

ヤファイは1989年生まれの30歳。イギリスのバーミンガム出身で元オリンピアン。ここ最近はローマン・ゴンサレスと対戦する予定でしたがうまくいかなかったようですな。

ここまでの戦績は26勝全勝15KO。ルイス・コンセプシオンから王座を奪って村中優、石田匠、ダビッド・カルモナ、指名挑戦者のノルベルト・ヒメネスなど名のある相手を下して防衛を積み重ねてきましたな。

前戦のイスラエル・ゴンサレス戦ではめちゃくちゃ苦戦。モナコでデニス・レベデフの復帰戦の前座で行われたこの試合は再三ゴンザレスに押し込まれて疑惑の判定勝ち。前回のヒメネス戦も内容的にはかなりつまらない試合となり王者としての評価を落としての一戦となります。

選手としての特徴はボディワークとサイドへの動きが上手い選手。コンセプシオンとの試合を見たときは打ち終わりに必ず位置を変えて長期政権を築きそうな奴が来たなと思ったものでしたな。

サイドに動きながら左右フックを振り回して自分の打ち終わりにすぐにクリンチ。腕を絡めて相手に手を出させないうまさはかなり高く一筋縄ではいかない曲者王者です。

反面ゴンザレス戦では前に出て来られると少し脆い面を見せて接近戦での課題がかなり見えた。今回の相手のエストラーダも前に出てきてより豊富なスタミナと手数があるので相性的には苦しいかもしれない。

思ったより良い試合ではなかったな…カル・ヤファイvs.ノルベルト・ヒメネス 試合後のコメントもあり!

試合予想

今回の予想ですがエストラーダの判定勝ちでいきたいと思います!

多分この試合はエストラーダが割と普通に勝つと思う。ヤファイと比べてパワーは劣るもののそれ以外の要素では少しずつ上回ってるしパンチの手数、ヒット率がものを言うと思いますね。

ヤファイに効果的なパンチはフック系のパンチ。ヤファイのようにガードを高く上げる選手にはガードの外から飛んでくる左右フックがとても効果的でよく当たる。

例えばミゲール・コットもガードが高かったけどメイウェザーやモズリーには右フックをどんどん当てられていたし、ヤファイが出てくるところに左右フックを打ち込むのはかなり効果的でゴンサレスもこれがキーポイントで苦戦させたポイントでもあった。

さらにヤファイは出てくる動き出しに少し間があってパンチがオープン気味なのでエストラーダの回転力ならここをつける。エストラーダが下がってヤファイが出てくるところを狙い撃ち、サイドに位置を変えるボクシングで判定勝ちすると思いますね。

エストラーダが恐ろしいのはやはりスタミナとまとまってるので崩しづらい笑笑。井岡も同じパターンの選手なんですけどこういうタイプには圧倒的なスピードかパワーかサイズがないとなかなか正攻法では勝てないなぁ笑笑。

ヤファイももちろんチャンピオンにふさわしいんだけど今回は相手が悪い。エストラーダに勝てるのは今のフライ級なら可能性があるとしてやっぱりシーサケットかなぁ。ローマン・ゴンサレスも今の調子では苦しいだろうなぁ。

まぁここで勝ったほうが井岡一翔との統一戦とかに進んで欲しいし可能性としては十分ある。ボクシングを盛り上げるという意味でこのような試合はバンバン決まって欲しいなぁと思いますね。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

メキシコのノンストップ男!ファン・フランシスコ・エストラーダ!!

adsense
おすすめの記事