ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

スティーブンソンさん地元で曲者撃退…シャクール・スティーブンソンvs.アルベルト・ゲバラ 試合後のコメントもあり!

こんにちは管理人です。

今日は2019年7月13日にアメリカで行われたフェザー級10回戦。

シャクール・スティーブンソンvs.アルベルト・ゲバラの一戦です!!

f:id:TBT:20190714115611j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

スティーブンソンはリオデジャネイロオリンピック銀メダリストでサウスポーのテクニシャン。前回の試合では世界タイトルに挑戦した経験のあるクリストファー・ディアスをシャットアウトしてますな。

ゲバラは長年のコンテンダーでバンタム級で山中慎介に挑戦してKO負け。さらにレオ・サンタクルスに挑戦して判定負けた2度世界挑戦を経験したいは曲者です。弟のペドロは元WBCライトフライ級王者ですな。

 

そしてこの試合はスティーブンソンが体格とパワーでゲバラを圧倒!!開始からボディを狙ってパンチを集めるとゲバラはリターンが返せなくなり2ラウンドに二度ダウン!!3ラウンドにもボディからの左右フックでダウンさせられて10カウントを聞きましたな。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

スティーブンソンはプレッシャーをかけてゲバラは足を使ってサイドに動く。

スティーブンソンが射程距離に入るとワンツーを放つがスティーブンソンは速い踏み込みで右フックを当てる。

スティーブンソンは左ボディを出してゲバラを追いかけ回す。

ゲバラは徹底して間合いを取るがスティーブンソンはロープに詰めてジャブを当てて開始から圧倒している。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

2ラウンド

スティーブンソンはリードの右フックをロングで放ってゲバラはほとんどリターンがない。

さらに左ボディを当てるとゲバラは体がくの字に曲がり効いている。

さらにガードの隙間に左ストレートを当ててロープに詰めて左フックをロングで当てる。

ゲバラは目がよくまともにはもらわないがかなり押し込まれており終盤スティーブンソンが左右ボディをもみ合いで放つとゲバラはダウン!!

立ち上がったゲバラにまたボディを当ててプレッシャーをかけてワンツーをガードの上に当てるとゲバラはまたもダウン!!立ってきたがパワー差は明らかだ!

 

 

3ラウンド

スティーブンソンは両手を上げてかなり余裕を見せている。

スティーブンソンは左ストレートをボディに突き刺して間合いを詰めてボディを狙う。

そしてラウンド中盤ロープに詰めて左ボディストレートからワンツーを当てるとゲバラはロープ際にダウン!!しかしこれはローブローでゲバラには休憩の時間が与えられる。

そして再開後スティーブンソンが左右ボディをもみ合いの中で当てて離れ際に左右フックのコンビネーションを当てるとガードの上からゲバラは後方にダウン!!立ち上がろうとしたがレフェリーが10カウントを数え上げました!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

まぁそうだよな…

 

パワーがないとされるスティーブンソンだけどバンタム級で試合をしていたゲバラ相手には流石にパワー差が大きかったなぁと思う。普通にパワーもありますしね。

 

やはり印象的だったのはスティーブンソンの相手を休ませない強さ。相手に常にプレッシャーをかけてリスクはあまり冒さずに試合を進めていく慎重さもありますな。以下はコメントです。

 

スティーブンソン"これは俺がニューアークの街に届けたグレートなパフォーマンスだ。トップランクは俺をより上のステージに上げてくれなくちゃな。俺はサンタクルスとバルデスとやりたい。そいつらはここにきてたし逃げないでくれよな。"

 

まぁ結論から言うとこの人は必ず世界チャンピオンになれる。人気が出るかどうかは別としてもかなり長期政権を築くと思うし複数階級行きそうなスキルと強さやな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com