ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

今回は激闘にはならないな…エリスランディ・ララvs.ラモン・アルバレス予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年8月31日に行われる予定のWBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦

エリスランディ・ララvs.ラモン・アルバレスの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190713181857j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はララの王座返り咲きのチャンスですね!

 

両者の紹介

 

 

エリスランディ・ララについて

ララは1983年生まれの36歳。サウスポーの技巧派でキューバのグアンタナモ出身。現在はアメリカのテキサス州ヒューストンに拠点を置いているアテネオリンピックキューバ代表ですな。

 

ここまでのレコードは25勝14KO3敗3引き分け。3つ敗北は全て議論を呼んだ接戦となっており2階級制覇王者のポール・ウィリアムス、ドル箱スターのカネロ・アルバレス、当時無敗のジャレット・ハードですな。

 

特にウィリアムスとの試合では何度もウィリアムスをぐらつかせたもののウィリアムスはしぶとく打ち返してきて判定に。ウィリアムスの手が上がりましたが試合後にはジャッジがサスペンドされてましたな。

 

キャリアの中ではアルフレド・アングロを破ってWBAタイトルを獲得。元WBA王者のオースティン・トラウト、元WBA王者のユーリ・フォアマン、元IBFウェルター級王者のジャン・ザベック、元IBF王者のイシェー・スミス、トップコンテンダーのバネス・マーティロスヤンを下してきており階級最強とされておりましたな。

 

しかし昨年ラスベガスにて当時無敗のIBF王者だったジャレット・ハードと統一戦を行い超激闘となったものの最終ラウンドのダウンが響いて僅差判定負けで陥落。今年の3月にWBAレギュラー王者のブライアン・カスターノと対戦してまたも激闘となりましたがドローとなりましたな。

 

そんな彼の最もかわいそうな点は試合がつまらないためか不遇であること。アングロ戦では自分だけ当日計量があったり疑惑の判定で泣いたりと試合がつまらないため人気的には少しよろしくはないかな。

 

選手としての特徴はサウスポーの構えから対戦相手と常に一定の間合いを保ち右のジャブを放ち間合いを詰めてくるとカウンターの左を放つカウンターパンチャー。ハンドスピードとバンチの切れ味はかなりのものです。

 

常に動き回って基本的には自分から攻めることはしないためかカウンターを狙われてる相手は徐々に手が出せなくなり凡戦になることが多いです。無理に間合いを詰めるとカウンターをもらうためですな。そのため裏を返せばハードやカスターノのような前にゴリゴリ来るタイプとは噛み合い激闘になりますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

ラモン・アルバレスについて

アルバレスは1986年生まれの32歳。メキシコのグアダラハラ出身でカネロ・アルバレスのお兄さんでリゴベルト・アルバレスの弟さんでございますな。

 

ここまでの戦績は28勝16KO7敗3引き分け。このレコードを見るとわかる通り中堅どころのコンテンダーといった感じでカネロのネームバリューにあやかってる感はありますよね。

 

これまでのキャリアではNABOタイトルやIBF北アメリカタイトル、NABFタイトルWBCアメリカタイトルなどを獲得。元ウェルター級王者のアントニオ・マルガリートを苦戦させていたりオマール・チャベスとの初戦に判定勝ち。元王者のビビアン・ハリスにも勝利しています。

 

負けた試合は有名どころで行くとオマール・チャベスとのリマッチでカネロとチャベス・ジュニアの試合の前夜祭にて2ラウンドKO負けの惨敗…さらに元WBCライト級王者のブランドン・リオスにKO負け。再起戦で2-1の判定勝ちしてこのチャンスを迎えましたな。

 

選手としての特徴はオーソドックスの構えから左ガードをだらりと下げて相手と間合いを取り相手が射程距離に入ると左右フックを振り回してくるパンチャー。かなり思い切り振り回すため怖さはあります。

 

しかしガードを下げてる割にはディフェンスが良くない…ララは自分からこない相手にはジャブを放って回るのみ。そうなるとラチがあかないのでアルバレスが出てきてカウンターズドンのパターンが浮かんでしまう…

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だがララの6ラウンドKO勝ちでいきたいと思う!!

 

KO勝ちにしたのは少し期待も込めて。正直アルバレスの周りを回り続けてララがジャブのみでポイントアウト。ブーイングが飛ぶ展開も容易に予想できる。

 

正直この2人だとアルバレスが勝てる要素が見当たらないな。アルバレスは振り回すのはいいけどパンチをまともにもらうのでララがあれを見逃すとは思えない。ララのパンチは硬質だしアルバレスが耐えられるのも中盤までかな。

 

ララは間合いを保ちながら左ストレートを上下に散らす展開になると思う。アルバレスが間合いを詰めてもすぐに離れてジャブで間合いを保ち時折左を刺してダメージを蓄積。6ラウンドにストップ。こんな感じかな。

 

てゆーかララが暫定王座に返り咲いたとしたら次にやるのはソロ?ソロとの試合を嫌がったカスターノとのリマッチもあり得そうだしルビンあたりが来ても面白いな。

 

ララももう36歳だけどこの人は本当に素晴らしいファイター。試合はつまらないかもしれないけどスキルの高さと一瞬のパンチの切れ味は他を引き離すものがありますよね。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com