ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

カーンさんゴリゴリ作戦でディブを圧殺…アミール・カーンvs.ビリー・ディブ

こんにちは管理人です。

今日は2019年7月12日にサウジアラビアで行われたWBC世界ウェルター級インターナショナル王座決定戦

アミール・カーンvs.ビリー・ディブの一戦です!!

f:id:TBT:20190711220343j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はサウジアラビアのビッグイベント。カーンは元スーパーライト級統一王者で打たれ弱さがあるもののスピードキングとして鳴らしています。テレンス・クロフォードに敗れて以来の試合となります。

ディブは元IBFフェザー級王者。オーストラリアの変則タイプで少し打たれ弱い点もあるものの左右ボディとフックを振り回してくるやりにくい選手。ウェルター級にジャンプアップしてくることになりましたな。

 

そしてこの試合はカーンが開始からゴリゴリ前に出てディブとのパワーと体格差をアピール。2ラウンドに左フックのカウンターでダウンを奪うと4ラウンドにもコンビネーションからの左アッパーでダウンさせてストップ!パワーファイトでディブを下してサウジアラビアのイベントを成功させましたな!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

カーンは開始からプレッシャーをかけてワンツーを飛ばす。

ディブは間合いを取って一撃のカウンターを狙うようだがパワーにかなり差がある。

ディブは飛び込んで左フックを放ちそのまま組みついてまたガードを固めて足を使う。

カーンはコンビネーションをかますがディブはボディムーブで外して両手を広げる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

2ラウンド

カーンは体格の小さなディブにプレッシャーをかけて動き出しに左フックを当てるとディブは後退。

動き出しにジャブを当ててさらにディブが左フックで飛び込んでくるところに左フックを合わせるとディブはダウン!!

カーンはフィニッシュを狙ってワンツーを放ちディブはかなり苦しそう。

 

 

3ラウンド

カーンはグイグイ前に出てディブがクリンチするシーンが増える。

ディブは足を使うがカーンの速いジャブに反応しきれない。

カーンはボディブローを織り込んで間合いが近くなるが構わずパンチを強振する。

 

4ラウンド

ディブはガードの外から左右フックを当てるがカーンは左右ボディをヒット。

さらにディブのサイドへの動きに合わせたワンツーを当てるとディブはよろよろと後退。

ロープに詰まったディブに左右ボディと左アッパーを当てるとディブはダウン!!コーナーからタオルが投げ込まれた!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

カーンさんこの戦い方に慣れたらあかんで…

 

もちろんこの試合がカーンのノックアウトで終わるのは当然のこと。体格もかなり違うしパワーの差があまりにもあった。カーンも流石にディブのパンチには脅威を感じてなかったな。

 

ディブがやりたかったのは左右フックで飛び込んでクリンチの当て逃げ作戦。でもパワーがないためカーンはゴリゴリ前に出てきて圧殺してしまいましたな。

 

でもカーンがこの試合に慣れると怖い。この選手の打たれ弱さはやばいから相手がフェザー級上がりのディブだったからいいけど次の試合ではこんなことしないでな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com